2022年12月27日

もにす認定状授与式

障害者雇用の優良な中小企業事業を認定する
もにすの認定状授与式に行ってきました。
12月15日

もにすマークをいろいろなところに使ってもいい企業となります。

 通信用.jpg

ハローワーク東の所長さんと。


posted by tukusi at 13:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 普段の暮らし 

法人研修

12月4日
2023年度の一堂に会して行う法人研修
ことしは就労についてのテーマで
東京都の就労移行支援の事業所に努めるろう職員の方の
お話でした。
リモートによる講演です。
また、午後は事例検討
各事業所からの報告
レディーフォーの藤谷さんによるクラウドファンディングのワークショップと
盛り盛りだくさんな一日でした。
もにす用3.jpg
集合写真.jpg
posted by tukusi at 13:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 普段の暮らし 

2022年11月25日

SNS

最近は インスタなどのSNSが投稿も閲覧も手軽で
ホームページを見る人はあまりいなくなりました。
また、通信も最近はメールを使う人は減りました。
ラインなど他の無料のツールを使ってやりとりするようで。

そこで、昨年から
本法人も活動のようすはSNSになりました。
インスタはフォロワー 本日現在261人。
ありがとうございます。

活動したことがすぐ知らせられる。すぐ見ることができる。
というわけです。
そこで、このホームページも
法人の基本情報の発信ということに役割を決めて
ブログの更新は、ごぶさたとなっています。
このホームページの構成を整理するのは
次年度本部移転が終わった段階での
全面改装にしようかと、今検討中です。
みなさま ツイッターとインスタグラムよろしくお願いします。
村上

posted by tukusi at 11:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 普段の暮らし 

2022年10月13日

クラウドファンディング

レディーフォーさんのサイトで
このたび、クラウドファンディングを行うことが決定いたしました。
時期は1月10日〜40日間

法人本部の移転計画が進んでいます。
9月末にようやく設計の詳細が確定いたしました。
今、見積もりに入っています。
その資金調達として、500万くらいの
目標でクラウドファンディングを行います。

本部の新築移転なので、20年間の歩みを振り返りながらになります。
20年前、
椅子が3つ
パソコンが3つ
横並び。
リフォームでそのスペースを作ったときは本当にうれしかったですが、
今となっては
事務コーナーのまわりは書類の山、
仲間にとっても、利用者さんんが増えた上に、落ち着いて仕事ができるようになった
仲間なので仕事の量が増えてその物資が山積み。
人との接近距離がにがてだったり、視覚情報が雑然としているのはにがてだったりする
仲間にとっては最悪の環境となっています。
がまんして通ってくれているんだね、ありがとう・・という感じです。
そういう、本部と碧の移転です。

いろいろなことが改善されることを思って
はりきって、必要資金をみなさまにご協力お願いしようと思います。

村上

posted by tukusi at 14:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 普段の暮らし 

もにす認定制度

あいち労働局(厚生労働省)が
行っているもにす認定制度を知っていますか?
障害者雇用に先進的役割を果たしている中小企業を評価する
制度です。
社会の障害者雇用率はなかなか達成されませんね。
現在、達成目標は 2,5%です。

そんな中
昨年の本法人の雇用率は
驚異の
46.9%でした。

また、日常的に
研修の通訳派遣に法人が経費を負担するとか
手話通訳士に資格手当があるとか
資格取得や研修に使えるお金を整備しているとか
常に、手話通訳できる人を事業所に配置しているとか
また、見通しのいい、見えやすい環境を備えているとか
実習生に障害学生を受け入れているとか
できていることはたくさんあるので、
このたび、書類をそろえて申請いたしました。・・今さら?の感もありましたが。
10月11日、あいち労働局とハローワークから3名の方が
視察におみえになり、
渡邊の案内で碧を見学の後、葵で面談いたしました。

開設当初は、聴職員、ろう職員 お互いに何を配慮しあえばいいのか
わからなく、泣く泣く辞めて行った職員も多数います。
   
経験を積み重ねてきて、
とにもかくにも、ろう者と聴者で力を合わせていく
法人です。
認定されたら、認定証授与式に行くそうです。黒ハート
posted by tukusi at 14:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 普段の暮らし 

2022年09月09日

研修に手話を

何の研修?
愛知県が県社協に委託しておこなっている
サビ管等の資格取得研修のことです。
昨年は、ユーチューブ視聴が、休みなしでまるまる2日間の
ボリュームでした。
それを、聴者は、あいた時間、集中できる時間で
自分の都合で切り分けて視聴できます。
昨年、本法人から受講するろうスタッフへの情報保証で
「字幕をつけるか、手話をつけるか、それら間に合わなかったら
通訳者の派遣を」というのが、県社協の想定外だったらしく、いつまで経っても派遣が決まらないので
県の障害福祉課から指導を入れていただいたという。

今年も、同じように通訳の派遣で情報保証を行うとのこと。
しかし、講義のボリュームが昨年より増えているというので
3日間の派遣をお願いした。
もともとの講義の映像に通訳か、字幕をつけてくれたら、聴者と同じように
受ける側のタイミングで受講できる。
どのような、情報保証ならよりバリアがないか・・という
質の問題。そして、福祉職に就くものとしての基本の基本
人権や、障害者の権利について講義するあまた講師たちの
講義ときたら早口で浴びせるようにしゃべっている。
通訳を介するということには頭がまわっていない、自分都合。
それも、しかし「ろうスタッフ」がいるなんて知らないんだろうな〜〜と思うと
ここは、やはり県に正式に申し出をするところかなと
思っています。
村上


posted by tukusi at 11:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 普段の暮らし 

2022年08月22日

クラウドファンディングなど

8月12日はクラウドファンディングについて
本日22日は、ボランタリーネイバーズさんの
資金調達にかかわる伴走型支援について
のヒアリングを受けました。
前者は、googl meet
後者は ZOOM

村上栄子




posted by tukusi at 12:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 普段の暮らし 

2022年07月29日

ニコニコハウス 石川先生

ニコニコハウスは
緑区にある大きな社会福祉法人です。
大きな社福ですが、
私の名古屋聾学校時代に私より一足早く退職した石川武彦先生という方が
立ち上げた社福です。
在職中 社福の立ち上げについて
『こんなに(10cmほどの厚みを示して)書類を作って提出したところだ。』
また『ぼくはね、役所の担当には僕たちの方で、議員とか使うことはしないからそのつもりで
一緒にやりましょう、と言ってやっているんだ』とも。
そういう不偏不党に動くことがその時、たぶん大切なことなんだなぁ〜と
なんとなく思ったので、
このNPOを立ち上げた時渡邊とは
「特定の党と結びつかない、必要になったらすべての党に働きかける。
信仰は個人の自由だけど、特定の宗教とはかかわらない、ということで進めましょう」
という約束をしてスタートしたのを覚えています。

  その後、宗教とは確かに戦いがありました。
  エ〇〇でしたが、法人での出会いを元に、利用者さんの家庭を訪問されるのでまいりました。
  そんなことから、設立して以降、名簿という物を作っておりません。
  今思えば、あの時も名簿はなかったんだけど、年賀状とかの交換で知ったのかな〜

その石川先生の訃報を知りました。
京都大学のご卒業で、愛知の県立高校の先生をしていたのですが
受験の勉強とか教えているのがいやになった、と聾学校に希望で来られたと
聞きました。
そんな方と、私の人生の一時期同じ場所で過ごせたことは
ありがたい出会いでした。
ご冥福を祈ります。

posted by tukusi at 14:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 普段の暮らし 

第7波の2

あちこちで感染の報告が入ります。
事業所の安全のためにはPCR検査には、たどり着けないです。
なぜなら、発熱したり症状がある人だけですね。
濃厚接触でも、自分が判断したのではだめです。
保健所から言われました、という人しかだめです。
保健所は、クラスターにしか対応している暇はないので・・・
そうすると、
 職員にうそを言ってPCRを受けてとは言えませんので
抗原検査ということになります。
抗原検査は
・感染してから2〜3日経たないと出ないことが多い。「すぐに検査してもだめ」と言われました。
!!!BA-5は接触してから2〜3日で発症するのに、これは役立たずですね。

そうすると、無症状のキャリアをあぶりだす手段はないということです。
予防しかない。予防は、今はとにかく、空気の対流。
サーキュレーター、扇風機、空気清浄機 などかな。
戸外が一番いいんだろうけど、戸外では熱中症になる。

7波が収まったら、この大変さを忘れて何も対策されず。
秋が来たら、夏の暑さをわすれてほっとして
そうやって、滅亡への歩みをしているのだろうか・・私たち人類は。



  
posted by tukusi at 14:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 普段の暮らし 

2022年07月21日

第7波

暑い暑い夏の夏休みがスタートしました。
児童のデイサービスにとっては一年間で一番忙しい
嵐のような毎日。

このタイミングで第7波です。
行動制限をしないけど
感染に関する決まりは、今までと同じ。
シオノギ製薬の薬の承認も見送られました。
すると、私たちの手元にあるのは抗原検査くらい。

感染者がひとり出ると、またつながらない保健所に頑張ってつなげて
濃厚接触者を特定し、何日か休んでもらい、
職員は感染したかどうかは、無症状では診察してくれず
抗原検査で、自主判断し。

無症状者がいるこの感染症では、どの方法も非科学的にならざるを
得ません。

悩みの夏が三度(みたび)です。
posted by tukusi at 10:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 普段の暮らし