2010年11月28日

第15回愛知ろう教育フォーラム

独立行政法人国立特別支援教育総合研究所
小田侯朗先生の講演


ろう学校、聾学校という名称は限りなく減っていく中で
愛知県の聾学校は名前を残してがんばっているなぁ
と思っていますが
やはり全国的には
生徒数が減少し、知的や、身体との併設になっていったりしている
傾向は加速している状況。
名古屋聾学校長によると
かつて20,000人いた聾学校の在籍児童生徒数は今6500人
愛知は539人  10年間横ばいだそうです。


小田先生の話は示唆に富んでいていろいろ考えましたが
今日はコードスイッチについての感想を。

かつて、我が家に愛知で暮らす韓国人家族が遊びに来た時
私がカタコトで「アンニョンハセヨ〜」と言ったら
5歳になる息子が私の顔を一瞬見て
「ここでの言語は日本語かハングルか」と判断したのを
見ました。
私の妙な発音で彼はその後正しく私に向かって
日本語を話したのでした。

こんな表情はつくしっこで初めて出会う聾のお子さんはみんなします。
そして、ろうのお兄さん、お姉さん。
    手話ができるけど聞こえる私のようなスタッフ。
    聴覚口話が求められる一般の人
みごとに手話表現を切り替えて使い分けています。
それが安定的にできるのはやはり5歳くらいからでしょうか?

今日の話では年齢は出なかったですけれど
聞こえる側の表出する手話が
中途半端だったり、単語漏れしていたり、手話としてはなっていないのにそれらしき表現で
相対すると子どもは、切り替えができない。
書き言葉で確認していくことが必要になるとのことでした。

5歳くらいからのお子さんを観察する限りでは
手話での助詞の使い分け、目的語の明確化は
まことにみごとで、聴者がそれを読み取ってれていないだけです。

ろう重複のお子さんは切り替えはできません。
乳幼児期に獲得した表出が一生続く人もいます。
声を出すのがよしとされて育てば
いつでもどこででも大きな声を出しています。
ろうと生まれたからには
バイリンガルに育つのは運命。
どれくらい切り替え能力があるのか見極めて
日本語指導、また発語指導をして欲しかったと思います。
…かった。と書いたのは
今のつくしっこではあまり無理やり音声日本語のお子さんは
みなくなったからです。


また、つくしっこにも楓にもいるブラジル人家族の
ろう、または聾重複のお子さんはにはさらに厳しい壁が立ちふさがります。
学校で手話と日本語、家ではポルトガル語
家にも手話環境が欲しいですがそうなるとポルトガル手話でなく
日本語対応の手話を家族が覚えることになり
それは家族が日本語を覚えるのが前提…という…

ぼくの、私の、母語は何?s-CA3H0127.jpg







posted by tukusi at 00:00| Comment(3) | TrackBack(0) | 普段の暮らし 

2010年11月27日

理事会

理事会の前に
旅行姿で「間に合ったぁ」と飛び込んできたのは
渡邊兄さんではないか。

「あれ?京都からだっけ?」
「山口から」
主任会議は山口セルプ南風で行われていたそうな。


さて、理事会は
今回は
キャリアパスについてと
法人の基本理念についてとが論議の中身。

設立以来、今年の事業、来年の事業に追われてたのが
ようやく、
10年、20年持続するための基盤作りに入った感じです。

自分が司会すると絶対写真は忘れます…喫茶店

posted by tukusi at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 普段の暮らし 

理事会の前に

理事会の当日資料作り終え
まことにいい気候の今日この頃
1時間散歩に出ました。

s-CA3H0124.jpg
びっくりしました。
神社を見つけました。
私の生まれた年が門の建立年でした。

次に
お寺を見つけました。s-CA3H0125.jpg

短い秋の陽光が境内を包んで自然の豊かさに感動です。

碧の裏の方ですがけっこう起伏があり
すてきでした。
メタボ対策に碧メンバーと歩け、歩け大会とか
どうグッド(上向き矢印)exclamation&question
posted by tukusi at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 普段の暮らし 

2010年11月26日

掛川野鳥園

楓のブログにあるとおり私も一緒に
掛川野鳥園へ遊びに行って来ました。

なんでも
豊橋ろう学校が振替休日で
朝からの行事になったとのこと。

村上でも役に立つかちっ(怒った顔)

一緒にお出かけしました。

ゆw君やゆr君と一緒に遊ぶのは楽しかったしs-CA3H0118.jpg
鳥もやさしかったね。
s-CA3H0116.jpg


でも、楓はつくしっこと違って
小学生からなんと高校生まで。

高校生のお姉さんが、私の素性をしらないはずなのに
なぜか帰る前に
『ここはスタッフが3人とアルバイトの人が1人。いつも4人だけど
全然足りない。みんなすごく忙しい。お迎えの運転もいっぱいある。
もう、一人募集して下さい。○○ちゃん(夏休みに手伝った学生)がいいと思うがどうか。』

熱心に交渉してきたのにびっくりがく〜(落胆した顔)

ろうの生徒にとって
聾学校は特別な場所ですが
すでに、楓も第二の特別な場所になっているんだね。


posted by tukusi at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 普段の暮らし 

2010年11月18日

自立支援法の延命

11月17日
衆院厚生労働委員会にて
廃案になるはずだった
自立支援法がほぼ原形の修正案で
可決されたという報道目

長妻厚生労働大臣が廃案にするといい、
障害者制度改革委員会が
「私たち抜きに私たちのこと決めないで」と
各当事者団体で構成されて
新しい制度について
論議を重ねていることは
完全に無視して

うU~~~む。

なんか、前の政権交代
細川内閣の時も 村山内閣の時も
それまでの自民党政権ではできなかったことを
首を変えて、ささっと(消費税だっけ、選挙制度だっけ)
通し、再び自民党に戻るというパターンが。

民主党の名のもとに
アメリカ以外への武器輸出も検討されてるようだし
なんだか相当なことが通されてしまいそうな予感は    野球当たった右斜め下

posted by tukusi at 23:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 普段の暮らし 

2010年11月10日

はちの散歩

おれんじの
『はち』を散歩させる
りょう君s-s-CA3H0107.jpg
『はち』も
座ってばかりじゃつまらなかったね。



s-CA3H0108.jpg
posted by tukusi at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 普段の暮らし 

入浴剤のワークショップ

縁あって
味美幼稚園の保護者の方々の
ふれあいセミナーで
発泡入浴剤を作りました。s-CA3H0091.jpg


TEDEのブログにも出てくる
入浴剤は
重層、クエン酸、コーンスターチ、はちみつで作りますので
小さなお子さんと入るおふろぴったり。
一緒に作ることもできます。

そんなわけで今回皆さんと
ラベンダーのかおりの入浴剤を作りました。

少し水分を多くしすぎて膨らんだものもありましたが
季節も良かったのか
皆さん上手に丸めて形作られました。

今夜のお風呂楽しめたかな?

posted by tukusi at 22:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 普段の暮らし 

2010年11月08日

第14回全国聴覚言語障害者福祉研究交流集会

11月6,7日神戸で行われた
第14回全国聴覚言語障害者福祉研究交流集会s-CA3H0087.jpg

つくしからは14名の参加

村上は第7分科会で制度の今後の動向、考え方について学んで来ました。

s-CA3H0086.jpg

参加した
つくしのスタッフの面々s-CA3H0084.jpgs-CA3H0085.jpg

posted by tukusi at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 普段の暮らし