2012年05月28日

第10回 NPO総会

s-CA3H0608.jpg



第10回となる、NPOの通常総会が開かれました。

10周年とか記念する年なのですが目先の事に
追われてそれどころではありません。







NPO社員数47名。出席者24名  書面評決者14名

無事、平成25年度の事業計画、予算案 定款変更可決されました。



参加された皆様、ありがとうございました。        s-CA3H0607.jpg
posted by tukusi at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 普段の暮らし 

2012年05月13日

シルバー料金

109シネマズで

レイトショーだから、1800円→1300円  わーい(嬉しい顔)





その下に

60歳以上 1000円


ダッシュ(走り出すさま)









これって、私も適用exclamation&question



ついに、いつでも1000円で見られる身になりました。
posted by tukusi at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 普段の暮らし 

きょうされん愛知支部

きょうされん愛知支部総会でした。

現在参議院で行われている
総合支援法に対して
「自立支援法訴訟の基本合意の完全実現」を
求める集会が10時から行われ、
それも含めて17時15分までの、ケアマネ講習以来の長丁場でした!



県下各事業所から
就労Aやケアホームの取り組みについて報告があり、
たとえば、一宮市は今後3年間で建設資金の2分の1補助するとか、
他市の取り組みについても聞くことができました。


名古屋市立として運営されてきた作業所が、民間に経営委譲され
それを引き受けた法人からの今後の取り組みの報告などもありました。
今から37年前、名古屋市が本山市政だったころ、市立として建てられた
作業所は、定員20人に敷地300坪の場所で運営してきたらしいです。

今回、ひきうけた港福祉会は3階建てにし、定員40名にするとのことでした。
志高く、事業を始めても、継続している間に
振り返り、見直し、リノベーションしていかなかったら
結局は、もったいないことになるという教訓として
聞きました。


会場で「満天の星空
を購入しました。

福島、宮城、岩手各県の障害者施設の東北大震災時の手記です。
鬼気迫る内容に打たれました。



場所は名古屋港ポートビルでしたのでs-PAP_0590.jpg



東海大学の海洋調査船が停泊し一般公開していましたs-PAP_0592.jpg


         魚のぼりs-PAP_0591.jpg
posted by tukusi at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 普段の暮らし 

2012年05月12日

歓送迎会

ようやく、今年
5地域の事業所全部の職員が一堂に会しました。



名古屋駅まん前の座敷ですが
こんな広い座敷を使える飲み処は最近はないので

今回 会場は◎でした!


        ほんの一部楽しい寸劇をs-PAP_0595.jpg紹介したいところですが、…ぶれてしまいましたふらふら


なんと、みなさんから、村上が60歳になったということで

還暦祝い

いただくというサプライズが。



        s-PAP_0589.jpg



 この場を借りてお礼申し上げます。


 『村上さんが60歳ってびっくりしましたぁ!!』という
 若い職員にも周知されたので
 今後、村上の物忘れや、勘違いや、話についていけないのを
 寛大にゆるしてもらえることと喜んでいまする。
posted by tukusi at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 普段の暮らし 

2012年05月11日

中津川市議 代読裁判

s-CA3H0587.jpg



今日、名古屋高裁で
ガンで声帯を失った中津川市議の小池さんが
市議会での発言を代読ですることを求めたことに対して
中津川市議会が、代読を認めず、パソコンの音声変換を使うよう
指示してきた事を不当として裁判に訴えていた
代読裁判の判決が出ました。


簡単にお話しします。
小池さんは2002年(1期目の任期途中)に下咽頭ガンに冒され、声帯を失いました。そのため議会での発言を代読で行えるよう議会に要望しましたが、口頭が原則という理由で認められませんでした。

2004年8月  議会活動の保障を求める陳情書が1万5千筆の署名とともに市議会議長に提出されました。
2005年11月  岐阜県弁護士会人権擁護委員会から「議会事務局職員による代読」の勧告が出されました。しかし「法的義務はない」などと市議会側はこれを無視。

そして遂に2期の任期終了(2007年4月)まで、代読による一般質問が認められることはありません
でした。


 この信じがたい議会の対応は、障害をもつ者に対する人権侵害であり、まさに 「いじめ」であるとして
2006年12月に中津川市及び代読に反対をした市議会議員28名に対して損害賠償訴訟に踏み切り、2010年9月に被告:市に対し、参政権の侵害による賠償支払を命じる判決が言い渡されました。

しかし、その内容は、損害賠償1,000万に対し十万円というもの。

控訴し、今回の高裁判決となりました。

今回は中津川市議会の不当性を認め、一定の障害当事者のコミュニケーション手段についての自己決定の権利等についても踏み込んだ内容で判決が下され勝訴したという判断です。
ただし、手段の決定について
私人と公人の区別があり、公人としては、今回は市議会の判断にゆだねるというものです。

公人として選択権がない?って?


コミュニケーション手段を自己決定できなかったら
盲ろうの人は生きていけないですね。
また、公人とは公務員等の仕事の場面でのことでしょうか?


報告集会に間に合いましがいっぱいで中に入れません。120人くらい。
新聞社各社も取材に。


小池元市議に、新聞社各社から質問され
小池さんが代読原稿を書きます。それを隣にいる娘さんが代読します。そういう形で
質疑が行われました。

しかし、返答を文章に書くので待たなければいけません。
  すると、弁護士が間を保つために自分の意見を述べたりしていました。


それに対して発言した人がいます。s-CA3H0588.jpg右に写っている、たましろの◎◎さんです。



 「代読裁判というが本当の意味での代読発言というものをみなさんは理解して
運動をやってきたのか?考えてほしい。代読はまどろっこしい。待たなければいけない、
しかし、間を埋めるために小池さんが原稿を作っている間横でしゃべる。小池さんは
聴こえているから集中できない。代読して発言してもらうということをはどんなことなのか
わかって欲しい」

というものでした。


      花田さん!その通りですね!


 
posted by tukusi at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 普段の暮らし 

2012年05月08日

届け物

s-CA3H0585.jpgうれしそうなスタッフ…



くらちゃんから、みなさんにs-CA3H0567.jpg

赤ちゃんの報告と、
お礼の手紙が届きました。



ご丁寧にありがとうございました。


ブログからお礼を申し上げます。         

posted by tukusi at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 普段の暮らし 

2012年05月03日

憲法記念日

例年のとおり
今年も5月3日は名古屋市公会堂で行われた
憲法集会
「憲法施行65周年記念 市民のつどい」に
参加しました。


雨もあがりいつものとおり新緑の鶴舞公園は
光が風にきらきらして多くの人が集っていました。


今年は
講演者は伊藤 真さん


そして
コンサート
ウクライナの歌姫
ナターシャ・グジーさん

チェルノブイリ原発事故で
「3日だけ避難してください、すぐに帰れますから
何も持たないで」と言われふるさととを出て
「以来、18年ふるさとには帰れない」ナターシャさんが歌う
「防人の歌」に泣きました。

この歌はさだまさしの歌です。

歌詞
「教えてください。
海は死にますか。山は死にますか。ふるさとは死にますか。」


歌を作る人ってすごいな。
これは、映画「二百三高地」のために作られた歌だけれども
こんなことが起こってしまうと
まるで、フクシマを予感していたような歌詞ではないですか?
posted by tukusi at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 普段の暮らし 

2012年05月01日

定款変更物語

NPO法も4月1日から変わりました。

今回の改正に基づき
今まで、愛知県が所轄官庁だったのが
名古屋市になります。


法改正に基づいて
登記等も変わってくるので不明な点を
名古屋市に電話しました。



「3月27日付で送付してあります資料にあるとおり…」


  

    犬手元にないや


また、かばんに入れてあっち持っていったり
          こっち持っていったりしてなくしたか右斜め下


情けない。
  

     FAXで送ってもらった。



  それを見ても見た覚えがないたらーっ(汗)

  送ってもらっていないのではないか   と  言いたいところだが

  
そんなことを言ってる場合ではない。

理事会の議案書に間に合わせなければいけない。


苦手な法律文を今から精査します。


つくしっこ、楓、の担当に負けず村上もがんばれちっ(怒った顔)
    
posted by tukusi at 17:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 普段の暮らし 

放課後等デイサービス指定物語

児童福祉法に基づいて行われることになった
放課後等デイサービスと児童発達支援。


子ども福祉課はてんやわんや。


3月末に
愛知県から放課後等デイサービスの指定が届いたので

exclamation&questionexclamation&question

「みなし指定は県が行い、本指定の時は名古屋市に申請するということでいいですか?」
と、確認すると 電話の向こうで   あせあせ(飛び散る汗)ちょっと待って下さいあせあせ(飛び散る汗)
「データを移す時間違いがあったようです!市外の事業所と間違えましたっ。
指定は市から行きますのでそれは破棄してください。」

その数日後無事、正規の指定が届き
事業所番号も決まりました。


さて、その後4月末に説明会が開かれ
なんと、名古屋市には放課後等支援を行う事業所は120か所。
それらに、順次指定を行っていく子ども福祉課   大変だな〜〜〜
でもそれより、何より現場は
新しい受給者証に基づく請求事務の為のソフトが
4月30日にも配信が間に合わず、
今日!5月1日にようやくソフトのダウンロードができ
せっせせっせちっ(怒った顔)入力している。
そのつくしっこ加藤のもとへ
国保連につなげるためのパスワード  重要書類が送られてきましたが
それが
なんと、2通たらーっ(汗)

事業所番号も2つある。



なんか、すごい混乱が起きてるな……  と、言ってる場合じゃないんだけれど



みんな大変なんだろな


                       みんなーーー負けるんじゃないよーーー

      
posted by tukusi at 17:10| Comment(1) | TrackBack(0) | 普段の暮らし