2012年06月30日

たらいまわしではない

あるできごとで、市役所や行政機関に交渉に行くと
「それについてはこちらへお聞きください。」
「それは、ここの管轄ではありません。」などと言われ
じゃあ、こっちに聞けばいいのか(^_^;)と次に行くと、また別の場所を紹介され…


そんなことはよくあることですね。「たらいまわし」です。



でも、6月某日。重大事態が発生し、ケアマネの事務所として訪れたI市で
村上は感動の体験をしました。

高齢相談の窓口に座りました。
「これこれこの件で・・・・」と説明しました。

すると、そこは高齢相談の窓口だったにもかかわらず、相談の中身に応じて
障害の担当呼んでまいりますね、
包括の担当呼んでまいりますね、
医療機関に連絡とりますね、
認定調査の担当が今来ますからね、


私たちはそこに座っているだけで
すべての必要な機関の人が来て下さり
必要な機関への連絡をその場でしてくれました。



感動ぴかぴか(新しい)
もうやだ〜(悲しい顔)ではないですか?みなさん。


振り返って
私どもは、相談を受けた時このように動いているだろうか。

肝に銘じました、相談者の立場に立つという事。

posted by tukusi at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 普段の暮らし 

2012年06月29日

法務局と市民活動推進室

s-CA3H0616.jpg6階からのながめ目

ナディァパークの6階に市民活動推進室はあります。


結局、村上は
今年は法務局に 登記申請書3種類
市民活動推進室にNPOの報告書と申請書 4種類
提出が必要で、それぞれにつき2〜3回の修正を指摘され


そんなこんなで

6月が過ぎました。ふくろ
posted by tukusi at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 普段の暮らし 

2012年06月23日

矢田川河川敷

土曜活動をご一緒しました。

矢田川河川敷は、昨年の豪雨以来
車の乗り入れが簡単ではなくなっていますので
久しぶりの
河川敷です。
                      s-CA3H0623.jpg




とても、名古屋市内とは思えないですね。

やはり台風の後で  草がなぎ倒されていましたけれども、いい景色の中を
仲良く歩いて行きました・・・どこまでもs-CA3H0624.jpg
posted by tukusi at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 普段の暮らし 

2012年06月03日

岩田さん結婚披露パーティー

一宮聾学校時代の生徒さんで


いつも耳の日につくしのバザーを手伝ってくれる



岩田さん。



結婚おめでとう!!!               s-CA3H0613.jpg




写真小さく…という条件でアップさせていただきます。





岩田さんのおかげで
懐かしい一宮時代の先生たちと会う事ができました。



それも、楽しかったです。

ホントに、人柄のりっぱな岩田さんです。お幸せに。





同日、帰り 栄は「ほこ天」中でした。   s-CA3H0615.jpg
posted by tukusi at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 普段の暮らし 

2012年06月02日

愛知のろう教育を考える会

愛知のろう教育を考える会は


「ろう教育と手話言語法」というタイトルで
全日本ろうあ連盟の西滝憲彦氏が講演を行いました。



s-CA3H0610.jpg



盛りだくさんのお話の中で

新生児スクリーニングが幅広く行われるようになり
生後1カ月で聴こえに問題があるお子さんが発見される。

新生児の0.5%くらいの割合。


問題は、そのスクリーニングの後。

愛知(日本)では、医療機関につなげられそこが最初の相談・支援を
するところとなっている。


たとえば、ハンガリーでは
法律で、あらゆる聴覚障害に関する情報(人工内耳、手話、ろう関係の事柄)を
情報パックとして、親に提供しなければならない、と定められている。

日本の中でも全国のモデルとしたいと西滝さんが考えるのは
秋田の方法

生後3カ月で家族支援をするときに
医療機関とともに
聾学校が同席する。教育の展望についてお話しすることになっている。
とのこと。


そんな、中
愛知の場合は
最初に指導を受け持つ医療機関は
医療モデルなので、聴こえないお子さんを
聴こえるお子さんにするという考えが根底にあるため
教育機関として
聾学校に紹介し、乳幼児教育相談、幼稚部などに通うお子さんに対して
「いつまで、聾学校に通っているつもりですか。早く聴覚活用を身につけて
地域の学校に変わりなさい」と
進言してくるとのこと。


言語=社会性=アイデンティティ

ろうのお子さんの言語をどう考えるか。
自己決定をどのように保障するのか。
 つまりは人権の問題。



根は深いけれども、希望ぴかぴか(新しい)を語って行きましょう。

posted by tukusi at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 普段の暮らし 

学校評議員

聾学校の評議員となって3年目。

6月ですがいつものように好天に恵まれ
幼児・児童の元気な様子を参観させてもらいました。


家族への公開日でもあり、
例年の事ですが


お子さんの兄弟・姉妹・祖母  大勢の方が
参観して見えました。




つくしっこは私を発見すると
   
   「やぁぴかぴか(新しい)」という感じで
    目で挨拶してくれます。       
posted by tukusi at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 普段の暮らし 

2012年06月01日

定款変更

定款変更の申請を急がないとあせあせ(飛び散る汗)


その後の手続きに影響しますからダッシュ(走り出すさま)


ということで、


今年の4月から、所轄庁が名古屋市になりましたので

「伏見のあそこだ!!」と、車を飛ばしている途中で

提出書類の不備を思い出し(いつも走り出してから思いつくバッド(下向き矢印)





自宅へ進路変更。書類を作り直しながら落ち着いてすべてを見直していると


あららexclamation×2NPO名古屋市は、ナディアパーク6Fではないかがく〜(落胆した顔)


しかも、「定款変更届け出」と「定款変更申請」とを
分けなければいけない。




いつものように初回で受理はされず、今日は2回往復。

2回目も撃沈して帰りました猫悲しい。




今年は、介護保険も名古屋市の方へ所管が委譲したものが多く、
NPOも
また、今後申請する放課後等デイサービスもそうで

村上はついていくのに精一杯です。
posted by tukusi at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 普段の暮らし 

居宅介護支援事業所

居宅介護支援事業

つまり  ケアプランを立てる事業所で

ケアマネージャー(担当  田口)がいるところです。



6月1日をもって
指定通知が届き営業開始となりました。


相談は「おれんじ」でお受けします。



地域に
生活に困っている65歳以上の
聴こえない方がお見えでしたら
おれんじに
ご相談ください。
posted by tukusi at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 普段の暮らし