2012年11月25日

晩秋の・・・

5月総会決定

6月NPO提出

8月NPOから修正の要請

縦覧に入る


という流れの本法人の定款変更


         ようやく名古屋市長から認証がおり





登記へ               晩秋の法務局前s-CA3H0743.jpg
  




昨日の雨で道路も埋まる落ち葉です。s-CA3H0744.jpg




posted by tukusi at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 普段の暮らし 

2012年11月24日

ハンドマッサージ

ずいぶん前になりますが
10月28日に行われた

かわいい花祭り

同じ地域でがんばっている

ぐるっぺさんが

以前からアロマやハーブのことを仕事としたいということで

代表の富田さん自ら

教室に通い資格をとろうとしているとは
聞いていましたが・・・・

ハンドマッサージでの出店です。ぴかぴか(新しい) s-CA3H0716.jpg


すてきですね。


また、花かわいい花さんの
Tシャツにプリントする仕事は進化し続けていて

大量のかわいいねこちゃんプリントなど

参考になりました。s-CA3H0715.jpg
posted by tukusi at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 普段の暮らし 

2012年11月22日

全聴福研 第16回A

分科会は「労働と発達を考える」でした。

これは、措置制度の時にできたタイトルのままで

どうしても、今は  労働と制度とネットワークを考える・・・的なことになってしまいます。




分科会の参加者は13,4名と少なかったですが
みっちり深まりました。


ジョブコーチには
配置型ジョブコーチと
社会福祉法人の設置する第1号ジョブコーチ
第2号ジョブコーチ
があること。

県単位で指定されている(名古屋市今年2か所増えましたが
市でも指定している?)就労・生活支援センター
                  s-PAP_0732.jpg


との連携。

就労移行の経過報告

新規商品開発時の県、市のコンサルタントとの連携など。

             大阪の商品ロゴです。s-PAP_0731.jpg




多岐にわたり、制度の山にうずもれてしまいそう・・

山のように連携するところがありますね。



閉会式の様子です。
s-PAP_0729.jpg


posted by tukusi at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 普段の暮らし 

2012年11月21日

全聴福研  第16回 @

毎年、お知らせしています
全国聴覚言語障害者福祉研究交流集会の第16回が
今年は東京主催で開催されました。

つくしからも大勢のスタッフが参加しました。


特別講演は金沢大学準教授の
武居渡氏でした。

その内容は、村上にとってはとても新鮮な切り口で
すっかり講演の内容に心酔しました。決定

武居さんは コーダで両方の文化の中で育たれました。

手話を言語としてとらえたら(当然、そうなのですが)
その言語圏特有の文化をセットでとらえる必要がある。

そして、
手話を言語とする文化圏、音声言語を言語とする文化圏をわけた場合
手話言語に入る人たちは、ろう者、コーダ
音声言語に入る人たちは、聴者、難聴


この分け方は目からうろこ目でした。


医療モデルに囚われたくないといいつつも
結局は『聞こえ』の度合で、考えていた自分に気づきました。


難聴の人は、音声言語ベースですけど、でも聞こえない悩みは同じだから・・
というような、あいまいさが自分の中でありました。

ですけれど
『聞こえ』には関係なく
文化、または生育の環境で考えたらいいのです。すっきりしました。


そして、
昔・昔
私が聾学校の教員時代に読んで手話は言語であり、文化圏を持つということを知る
きっかけになった
『みんなが手話で話した島』という本のことを話されました。
今は絶版だそうですね。

                       村上持っています、貸し出しますよ〜〜〜



そして、自分も離島に研究に行ってそこの
未就学のろう高齢者からのサンプル採集、その結果の
論文に結実した内容。


どれも、
漠然と思っていたことをこのように
研究で論文にされていることを知り、
新しい夜明けが来ているような感じがしました。

                       村上と並んで聞いていたうちのスタッフも
                       途中から、身を乗り出して
                       「そうだ、そうだ」と
                       エールを送りながら聞いていました。


そんな特別講演でした。
posted by tukusi at 10:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 普段の暮らし 

2012年11月16日

会社から碧実習その2

今日は
同じく
ユニオンソフトウエアマネイジメントさんから

今度は社員さんが4名で来て下さいました。
社員さんは納期開けだそうで
技術者の方も見えて
多くは語られませんでしたが
おそらくは、徹夜明け・・・台風


過酷な企業戦士の現場から
碧のほんわり、ゆったりの現場に入られて
               ぴかぴか(新しい)どうでしょう????



と思いましたが

みなさん
異文化体験の感覚で楽しく交流していただけたようで
ホントに良かったです。



posted by tukusi at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 普段の暮らし 

2012年11月14日

会社から碧実習 その1

このたび、完全リニューアルした
碧のTeDe商品。

まだ、みなさんの前にはその姿を現していないですけど


その商品を扱って下さる企業との商談が
このところ続いています。


本日14日は

株式会社ユニオンソフトマネイジメント
の社長と営業部長が

なんと!

一日碧で仲間と一緒に実習されました目



午前中、少し村上がレクチャーさせていただき
その後、見学そして仲間と実習という流れ。


社長さんは
ワークのミーティンを「うちのミーティングより活気あるなぁ」とか
碧の表情マークを見つけて
「これ、うちの社でも使おうか」とかのりのりで見学して下さいました。



クリームの製造をじっと見つめる社長さん       s-CA3H0727.jpg

営業部長さんと談笑の後



s-CA3H0725.jpg


記念撮影
s-CA3H0726.jpg



終わった後での打ち合わせで
ネットショップ運営について
大量の発注は受け付けないようなショップの作りにするなど
碧の製造の実態に合った運営をしていきましょうと話し合われ
そういうことがわかっていただける実習となって
実り多い経験でした。




posted by tukusi at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 普段の暮らし 

2012年11月09日

ろうを生きる・難聴を生きる

NHK  Eテレ

「ろうを生きる 難聴を生きる」という番組が
つくしの活動を取り上げます。

今日はディレクターさんとカメラマンさんが取材に碧に入っています。

主な取材先は
楓の活動
おれんじの活動ですが

つくし全体もとらえたいという事で
碧に入られています。


放送日

第1回   12月9日(日)夜 7時30分〜45分 再放送12月14日(金)昼 11時45分〜正午

第2回   12月16日(日)夜   〃    再放送12月21日(金)昼   〃




この後、おれんじ  楓   また学校やガイド中の様子から利用者さんのご家庭まで取材が・・

けれど、15分ですので  きっとじーーーっと見てないと見逃しますよっ。
ビデオ予約ばっちりで放送日を待ちましょう!
posted by tukusi at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 普段の暮らし 

2012年11月04日

エンターテインメントサーカス

昨年もつくしの仲間に寄付をしていただいた
7周年記念公演 エンターテインメントサーカス
ライブイベントに
およばれしました。


このライブは
毎年
聴覚障害者と健常者が一緒になって、毎年500人を動員し、
熱いステージを繰り広げる話題のライブイベントです。

今池ボトムラインへは、
スタッフ岩瀬と、利用者さん、それから
愛知県聴覚障害者協会の園田事務局長さんとで行きました。


ライブ会場は、がんがん体に心地よい振動がひびき
利用者さんものりのり。


舞台上で皆様からの寄付を手渡ししていただくということで
舞台裏に待機。

ライブ会場の舞台裏、初めて入りました・・・




舞台ではまささんが
寄付をいただいて、舞台上で深々とおじぎをして
とても礼儀正しかったです。


その後、みんなで
ブライトアイズ
の熱唱を堪能しました。


舞台はMCには手話通訳付き
歌詞のスーパー付き
でした。



熱い夜でした。
posted by tukusi at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 普段の暮らし