2014年12月08日

職員研修

東海の研修ですが、たまたま静岡からの参加者が
欠席されて
all つくし の研修会となりました。

午前は、児童の事例から
ろう重複のお子さんが、手話に出会うまで
そして出会った後の育ちついて考えました。NCM_0853.jpg
グループワークです。
茜ができたことによって、児童の職員の割合が上がりました。
ことばを、自然な遊びややり取りの環境の中で
身に着けていくその実態について、これからも
できるだけの記録を残して行きたいと思いました。
皆さん、とても集中して議論したり、考えたりしました。

午後は、豊橋市では最も古い、大きな社会福祉法人
岩崎学園の 支援コーディネーターの
西平茜さんの講演でした。
「発達障害」についての基礎の基礎を事例を基に
お話いただきました。NCM_0858.jpg

先生がその理解のためにと、揃えてくださった書籍です。NCM_0857.jpg

発達障害の人の困りごと、
どんな風に見えているのか、どんな風に情報が処理されているのか・・
寄り添って、個別にそのことを一緒に解決していくことを話されました。

集中できた1日でした。
それに、久しぶりに会う、他の事業所の方々と
休憩時間いろいろ話すのもとても楽しそうでしたね。
本当に仲がいい、職員の皆さん方です。





posted by tukusi at 17:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 普段の暮らし 
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/106231201
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック