2015年01月05日

ねば塾さん

碧が、守山区に引っ越ししたのは2003年の12月。
その時から、碧の2階で石けん作りを始めていました。

仲間が行きかう中で、苛性ソーダを扱う心境や
いかばかりだったかと思うのですが
勢いだけでやっていたような・・・。
そんな頃、2004年秋になっていたと思うのですが
施設長 渡邊と
製造責任者 野村 、職員小坂井が
長野県佐久市のねば塾を訪問しました。

ねば塾は石けん製造の先進です。とても大きな施設で、丁寧に
いろいろ教えていただいたということでした。

その時 とてもとても重い目おみやげをいただいてきました。

それが、ず〜〜〜〜っと施設の奥にあり、しまいに施設を整理した時
村上の自宅の押し入れに持ち込まれそのまま。
・・・無理やり、石けんのスタッフに配ったりして・・・

どうやって、どのように使ったらいいのかわからないのでした。

それが、今年突然テレビでNCM_0900.jpg
セスキ
と、言っている。

セスキ炭酸ナトリウム  (重層と炭酸ナトリウムの中間的性質)
それなら、と自宅のガス台まわりを洗ったら、ものすごい効果!

さらに、洗濯漕を洗うために買っておいた商品をながめていると
それが、NCM_0898.jpg
に、そっくり。
成分を見たら同じではないか!  過炭酸ナトリウム。
こちらも、試しに暮れの大掃除で洗濯層に付け込んだら
カビなどが劇落ち!

後、手元にNCM_0899.jpg
が、残っているがこれもきっとすごいお役立ちグッズに違いない。


今、ホームセンターには普通に セスキが売られています、ねば塾のサイトにもあります。
ねば塾のようにシンプルな包装はいかにもプロ向けという感じ
よけいに、効果がありそうです。

宝のようなものをいただいても
使い方に気づかずに、10年も眠らせていたというお話でした。






posted by tukusi at 12:48| Comment(1) | TrackBack(0) | 普段の暮らし 
この記事へのコメント
う、洗濯層に、使ってみたい!
Posted by おがりき at 2015年02月19日 19:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/110227329
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック