2018年06月06日

レジェンドに会う

木曽川福祉会の祭り会場で
かつて一宮ろう学校で、同僚だった理科のM先生に会えました。

村上が一宮ろう学校にいた9年間、間近でその
授業を見させていただきました。

板倉聖宣氏が提唱した、仮設実験授業で
村上もこんな風に教えてもらったら、化学の周期律表も
暗記ではなく、よく理解できたのに・・と思ったものです。

近況を話しているとき
現ろう学校の先生がかけよってきて
『もしかして、M先生ではないですか!
一度、お会いしたいと思っていました。伝説のM先生ですよね
今も、いろいろ語り継がれています!』
そしてその時話題になったのが
牛の頭を一頭、ドラム缶に入れてぐつぐつ煮て
骨格標本を自ら作ったという話。
M先生
『その場所が、幼稚部棟にわたる屋根付きの廊下で
幼稚部さんから、
牛のつのがドラム缶から見えていてゆげがもうもうたちこめて
子どもが落ち着かないからやめてくれ!って言われてなぁ・・』
同じく牛ネタですが、腸を運動場いっぱいにのばして
実際の腸の長さを見たとか、
(教頭が臭いからやめてくれ、と飛んできたとか)そんな授業が伝説になっているようです。

M先生と、
「今は、そんな授業はできないな〜
どんなささいなことも、事前計画提出で、雨が降ったからやろうとか
そういう発想もゆるされないものな〜」
「子どものふところが小さくなるよね。おとながまわりや社会に事象に
従うだけだと、主体感が弱くなる」
というような話をしました。

なにしろ25年も前の話です(悲)

posted by tukusi at 07:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 普段の暮らし 
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183438320
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック