2018年12月11日

障害者雇用の水増し

省庁が障害者雇用を水増ししていた話は
さもありなん、と思い
そういうことを平気でやるところなんだ、と思い
いろいろ思いました。

10月26日 中日新聞はトップで
『省庁、障害者に不適切求人』と報道。
水増し問題が発覚したので障害者を募集する際に
「自力で通勤できる」「介護者なしで業務追行が可能」という
条件をつけていたことをが障害者団体から不適切だ、と
指摘されたというもの。
その指摘を受けてのコメントが
「差別と思わなかった」「差別意識はなかったが認識不足だった」
というお気楽なものであった。
電話ができますか?という理由でろう者を排除する。
自力通勤できますか?という理由でいろいろな人を排除する現実はあります。

ただ、新聞のトップに報じられても
実際の処遇のとき、それならタクシーでしか通う方法がない人に
タクシーの通勤費を支払えるのかなど考えたらすごく考え込んでしまう。
(私は、少なくとも行政の雇用はそうあるべきと思うが)
なので、たぶん募集要項からはそういう文言ははずす。
実際の採用でそういう人は無言で落とす、ということで決着するのが現実。
そちらの方が罪深いと思います。
どちらにしてもレベルの低い話です。








posted by tukusi at 17:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 普段の暮らし 
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185181454
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック