2011年05月30日

みやぎ支援センター

JDFみやぎ支援センターに支援に入っていた
naoさんは、8日間の予定でしたが
日を追うごとに増える引き継ぎ事項の膨大さの為
9日間滞在し、本日朝帰名しました。

非常に過酷な現状のなか支援センターの活動は6月ではうち切れなく
さらに延長が決まっています。

宮城230万県民のうち約10万人が手帳所持者でみやぎ.jpg
そのうち沿岸部5万人。その人たちの安否避難状況の確認は
行政が名簿を個人情報保護を理由に出さないため
困難を極めていますが
支援センターとしてつながった人は2,300人。

沿岸部の壊滅した作業所の再興に支援に入ったり
避難所ごとの聞き取りを行ったり、
日に何10キロも100キロも走っての活動になっているそうです。

naoさんお疲れさまでした。

つくしとして再びの派遣を募る方向で検討しています。


posted by tukusi at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 普段の暮らし 
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/45688885
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック