2013年12月16日

第4回東海地区・ろう重複施設職員研修

今回、広島アイラブ作業所から
所長の沖本浩美氏を迎えて行われました。

第4回目となり、参加者もたくさんです。002.jpg



午前中は
「自閉症」の方の事例を通してのグループ討論

004.jpg007.jpg


午後は
広島アイラブの取り組みの現状について沖本さんが講演されました。010.jpg



仲間の自治活動や、文化的な取り組みなど
自己決定を尊重するアイラブの運営は
学ぶところがたくさんありました。009.jpg



また、沖本さんはある課題を参加者に投げかけて
ワークショップが行われました。


社会資源に限界がある中、目の前の人をどのように
サポートするか?
対象となる人は一人だけですが
全国で同じような取り組みが積み重なって
いつか大きな流れができるといいです。

posted by tukusi at 12:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 普段の暮らし 
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/82644158
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック