2019年04月03日

辞令交付式

2019年
今年の採用者数は最近になく少数精鋭となりました。
4月1日 辞令交付式を行いました

着任者のみなさんとIMG_3715.jpg

それから、施設見学と
明日からすぐに必要になるこまごました研修などを行いました。
IMG_3721.jpg
IMG_3711.jpg

  さあ、今年度もいい年になりますように!
posted by tukusi at 14:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 普段の暮らし 

2019年03月25日

集団指導改め、事業者講習会

年に何回か行われる、行政の説明会は
最近、指定権者がどんどん市町に移行しているので
つくしのような事業所は全体の把握がやりにくいことになっています。

かつては
愛知県障害福祉課が行っていただけのものが
名古屋市に分かれ
中核市に別れ
それなので、法人としてはそれぞれ違った説明があるかも知れず

今回村上は
計画相談事業所として名古屋市の説明会に参加しました。
名古屋市障害福祉部企画課から
『障害のある人もない人も共に生きるための障害者差別解消推進条例』が
2019年4月1日施行されるにあたって
その基本理念について熱く語られました。
村上は感動しました。
事前的完全措置の中に 情報アクセシビリティ
差別の禁止の具体的場面について 情報提供・意思疎通の受領
とあり、それらも丁寧に説明がありました。
また、5年ごとに策定される義務である、市町の障害者基本計画
もう第4次(16年目以降)になっているのですね。
第4次の計画骨子についても説明がありました。
これら基本姿勢に基づいて
私たちも一日一日の業務をそれら理念の現場の体現者として
誇り高く仕事をして行こうと思いました。
また、その理念に基づいて
事業者集団指導から 事業者講習会 と
説明会の名前も変わっていました。
ただ、法人として悲しいことは法人全体の計画などのためには
三重県津市はどう言っている?
愛知県はどう言っている?
豊橋市はどう言っている?
と確認しなければいけないことです。
posted by tukusi at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 普段の暮らし 

愛知県聴覚障害者協会1500人アンケート

愛聴協さんが行う5カ年計画の最初の大きな取り組み
1500人アンケートは
私どもNPOつくしは、職員と、施設利用者さんに
アンケートをお渡ししたくらいしか協力できませんでしたが
1年という短期間で確実に
1500人以上の方から聞き取りを行い
3月23日がその報告会でした。
写真撮影禁止で何も映像はありませんが
ウインクあいちの会場は熱気むんむんでした。
計画相談やケアマネをやっていると
ろうについてコミュニケーション上の細かな配慮やスキルを持って
いる人が接することによって障害が軽くなり
困りごとが減っていくのを目の当たりにします。
そういう、拠点は力を合わせていろいろなところに
作って行きたいと、私も本当に思います。

私の場合、そういうスタッフを養成、育成するほうに
軸足を移していかなければいけませんが。
理事長
posted by tukusi at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 普段の暮らし 

2019年03月04日

3月3日 聴覚障害者と県民のつどいIN 稲沢

今年の3月3日
『みみの日』は稲沢で行われました。
いつものように、来賓で出席いたしました。
主催地の市長
稲沢市の加藤市長が挨拶のすべてを手話でされました。
会場は大きな拍手につつまれました。
1月1日に手話言語条例が施行されたながれから
市長自らお手本となられる姿に感動しました。
また薬師地みちよ参議院議員の挨拶は、祝辞とは言え
最近の国会における、コミュニケーションに関する施策の動向や
今、日本財団が行っている電話リレーサービスを
国の施策としてできるようにしていく話など
直近の具体的課題や取り組みのお話で大変聞きごたえがありました。

この先進の動きに、私たちの接するあちこちの現場も
かわっていけるよう私たちもきちんと意思表示していかなければいけませんね。
posted by tukusi at 13:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 普段の暮らし 

2018年12月11日

法人研修『ジェンダーと人権』

障害者の雇用が水増しされていたとか
外国人労働者を技能実習生という名目ひどい働かせ方をしていただけでは足りず
入管法を改「正」して、さらに、働かせるところを拡大しようとするとか
特に何も技能が必要でない分野で働いてもらう
  それはどの分野のことか
具体的な職種は控えさせてもらう

なんて答弁があり、今実際に従事している人たちにあまりに失礼で
しかも、その事業がなかったら社会は回っていかないのに
労働に対してそういう差別感を持っているのだと
ほうんとうにびっくりしたりする毎日なのだが

それらのことが人事ではなく、自分自身の人権を問われているように
引き寄せて考えられなければ、そのようにひとりひとりの知見が高まっていかなければ
この国はかわらない。
                               P1070189.JPG
今回は、自分の中にいつのまにか作り上げられた社会観、価値観を
それらは何によって作り上げられたものなのか
捉えなおしをみんなでしよう!という研修でした。

NPO SEAN 
人権教育プログラムの出前授業・講師請負を行っているNPOです。
今回、縁あってお願いした遠矢家永子さんは
やわらかい語り口で、心の奥底への問いかけをされながら、そしてワークショップを
行いながら、
権利とは何か  から
男らしさ女らしさはどのように作られているか
そのらしさにより、縛られているのは実は男性のほう
強く、たくましくという規範の中で、男性の中にこそ強い抑圧があり
そして
性の商品化、デートDV,児童ポルノへ
昔のほうが男尊女卑だったか?今の若い世代は、ポルノやアダルトビデオを
好きでやりたいからやっているのだから。と捉えている。 
   (では、私たちはどう捉えているのか  差別意識はないのか)
最後に 『みんな活き活きプログラム』として
  セルフエンパワーメント(人権力を高める)
  多様性と尊重の共生(ジェンダーの気づき)
  非暴力の関係(社会)づくり
としてまとめられました。                           P1070190.JPG

職員の感想です。
・今まで深く考えなかった分野なので、無意識の間に受けていたであろう差別や偏見、逆に自分が他人へ
 偏見を持っていたのだろうと気付かされました。
・仕事だけでなくこれからの自分の人生の中でとても大切な事だと感じました。無意識に何も考えず
 決めつけたり、自分はできなくてダメだと思ったり相手を枠にはめて評価してしまう所があったので
 改めて見直していきたい。
・福祉において重要なテーマであるのに実際ジェンダーを取り上げる機会があまりないと思っていた
 ところだったので非常に興味深かったです。 今日の講演を聴いて、自分らしく生きていくこと、
 自分がどう生きたいのかということが大事なんだと改めて思いました。自分は自分の人生好きに
 生きて、自分に誇りを持って生きていけるようにしたいです!
posted by tukusi at 17:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 普段の暮らし 

障害者雇用の水増し

省庁が障害者雇用を水増ししていた話は
さもありなん、と思い
そういうことを平気でやるところなんだ、と思い
いろいろ思いました。

10月26日 中日新聞はトップで
『省庁、障害者に不適切求人』と報道。
水増し問題が発覚したので障害者を募集する際に
「自力で通勤できる」「介護者なしで業務追行が可能」という
条件をつけていたことをが障害者団体から不適切だ、と
指摘されたというもの。
その指摘を受けてのコメントが
「差別と思わなかった」「差別意識はなかったが認識不足だった」
というお気楽なものであった。
電話ができますか?という理由でろう者を排除する。
自力通勤できますか?という理由でいろいろな人を排除する現実はあります。

ただ、新聞のトップに報じられても
実際の処遇のとき、それならタクシーでしか通う方法がない人に
タクシーの通勤費を支払えるのかなど考えたらすごく考え込んでしまう。
(私は、少なくとも行政の雇用はそうあるべきと思うが)
なので、たぶん募集要項からはそういう文言ははずす。
実際の採用でそういう人は無言で落とす、ということで決着するのが現実。
そちらの方が罪深いと思います。
どちらにしてもレベルの低い話です。








posted by tukusi at 17:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 普段の暮らし 

2018年08月19日

障害者雇用の水増し

ということで、
養護学校時代、高校生だった肢体不自由の人たちが
40年間勤めあげ、退職すまでに
どんなにか苦労があっただろう。けれどもそんなことは
織り込み済みよ、おれら母校が養護学校だからさ・・
という彼らの人生に敬服していたところへ

省庁の障害者雇用の水増し報道。

なんなのかな〜
怒りを通り越して悲しい。

何かがどこかがくるっている。

せっかく朝・晩涼しくなって おお頭もクリアになってきたから
課題山積、心新たに取り組もうという矢先のニュース。
これは自分の国のことだ・・。


posted by tukusi at 13:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 普段の暮らし 

8月no 還暦の教え子

教え子というのは、恐れ多い。
1976年頃・・40年も前
養護学校はまだ、義務化されておらず。。。その意味はわかりますか?
就学猶予とか就学免除とか言って
入学前の、当時だと肢体障害や全身性障害のお子さん親子と面談し
『あなたのところのお子さんは大変重度なので
学校に来なくてもいいですよ。』なんて通知を送り届けるという
まだ、日本はそういう国だったのです。
そんな時代に、当時高校生だった彼らと出会いました。
私は小学部にいたのですが、介護員で短大卒で20歳で入ってきた同僚がいて
彼らは18歳だったので、放課後一緒に卓球したりしたりしているうちに
旅行に行ったり、村上の実家にも来てもらったメンバーがいます。
全員肢体不自由です。通ってきていた地域も広域ですが
義務ではない時代、家族の並々ならぬ決意と後押しがあって通っていました。
彼らは、卒業後紆余曲折ありましたが
4人のうち、3人は公務員として勤め上げ(うち一人は在職中)、一人は家業を継いだのでした。

集まろう!と声かけをいただいて、なぜか女子側は教員
男子は生徒だった人たち。

会をまとめた、Mさんは市職として管理職まで勤め上げたのだけど
全身性の麻痺があり、他にも脳性マヒ特有の運動障害、言語障害が。
苦労しただろうとは思うけどそれら全部笑って話す。
 ‘おれの、最終学歴は養護学校だぜ‘ なんて。
ひとりは首がすわっていないし。
お食事の接客の方が、食べられるのかはらはらしているのがわかるのだけど
いやいや、もう白髪頭まで生きてきて
首がすわってなくてこの世のことでできないことはないよ。

還暦か!と思って、プレゼントを用意したらまだ59歳だった、みんな。
気を使って、お茶のあとの請求書を
M君がこっちへ!と、言っているのに、介護員のNさんにお店の人が渡してしまった。
「いや〜、今日は全部良かったけど、最後にこっちが払おうと思ったのに。」
「S君が、レシートはM君に渡して!と強く言っていたんだけどね。」と私。
「ありゃ〜、首のすわっとらん障害者に間近で迫られて、びっくりしたんかい。
まぁ、それは気の毒なことやったな、それやったら仕方ない。」

今年は、夏はなぜか、大学時代の
新卒時代の、そしてその後の赴任した学校の
あちこちから、声がかかりました。
みんなそんな年なのですね。
でも、この集まりが一番刺激的でした。



posted by tukusi at 12:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 普段の暮らし 

2018年06月06日

レジェンドに会う

木曽川福祉会の祭り会場で
かつて一宮ろう学校で、同僚だった理科のM先生に会えました。

村上が一宮ろう学校にいた9年間、間近でその
授業を見させていただきました。

板倉聖宣氏が提唱した、仮設実験授業で
村上もこんな風に教えてもらったら、化学の周期律表も
暗記ではなく、よく理解できたのに・・と思ったものです。

近況を話しているとき
現ろう学校の先生がかけよってきて
『もしかして、M先生ではないですか!
一度、お会いしたいと思っていました。伝説のM先生ですよね
今も、いろいろ語り継がれています!』
そしてその時話題になったのが
牛の頭を一頭、ドラム缶に入れてぐつぐつ煮て
骨格標本を自ら作ったという話。
M先生
『その場所が、幼稚部棟にわたる屋根付きの廊下で
幼稚部さんから、
牛のつのがドラム缶から見えていてゆげがもうもうたちこめて
子どもが落ち着かないからやめてくれ!って言われてなぁ・・』
同じく牛ネタですが、腸を運動場いっぱいにのばして
実際の腸の長さを見たとか、
(教頭が臭いからやめてくれ、と飛んできたとか)そんな授業が伝説になっているようです。

M先生と、
「今は、そんな授業はできないな〜
どんなささいなことも、事前計画提出で、雨が降ったからやろうとか
そういう発想もゆるされないものな〜」
「子どものふところが小さくなるよね。おとながまわりや社会に事象に
従うだけだと、主体感が弱くなる」
というような話をしました。

なにしろ25年も前の話です(悲)

posted by tukusi at 07:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 普段の暮らし 

木曽川ほのぼのまつり

6月3日
木曽川福祉会主催のほのぼの祭りに
藤準備会がバザーを出しました。
   ダッシュ(走り出すさま)応援グッド(上向き矢印)

まずほのぼの祭りの人手にびっくり!
  DSC_0042.JPG

子どもも家族連れも多く
木曽川福祉会がこの地で積み上げてきた歴史と
支える人たちの厚みに圧倒されました。。。。。木曽川福祉会は来年で40周年とか。

藤準備会は不用品バザーと、ゲーム水鉄砲。
両方とも列ができる賑わいでした。DSC_0040.JPG

多数のボランティアさんありがとうございました!
posted by tukusi at 07:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 普段の暮らし 

海を渡ったエイミー

皆さんは、
合唱ミュージカル『ぞうれっしゃ』は
どこかで、目にしたり、その歌を聞いたことがあると思います。
このぞうれっしゃを創作した、藤村記一郎氏作曲・指揮で
このたび
『海を渡ったエイミー』という
同じく合唱ミュージカルが
6月2日、3日と名古屋で初演されました。

太平洋戦争の20年くらい前に、日米の関係が悪化していくのを
懸念して、アメリカから1万体を超える人形が
日本の学校に送られた民間交流の話です。
戦争がはじまり、敵国の人形を学校は
焼却処分した。でも、それをしないで
こっそり隠し持って人形を守っていた人たちがいて
1980年ころからあちこちの学校やゆかりの人から
発見され、それをもとにまた民間交流が始まってる      DSC_0048.JPG
そのことを歌にしたものです。
大垣在住の大学時代の友だちに、
母親が学校から譲り受けてその人形を宝物にしていた関係で
新聞に出たり、アメリカとの交流をしている人がいて
自分も歌うからとお誘いを受けて初演を鑑賞できました。
総会議事録を送付する仕事を、朝7時から片付けて。

忙しくしていても、音楽や美術や舞台を鑑賞する生活を
しないとだめだな〜〜
久しぶりの心の栄養となりました。
posted by tukusi at 07:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 普段の暮らし 

2018年05月23日

総会 感謝の集いの案内

6月9日土曜日 
感謝のつどい  豊橋市あいトピアで行います。
ダンスパフォーマー
東三河 ダンスカンパニー(H.D.C)をお招きして
楽しい時間を過ごしていただきます。
どうぞ、みなさま「集い」に参加してください。

詳しくはこちら
感謝のつどい.pdf
posted by tukusi at 12:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 普段の暮らし 

入社式から

2018年4月3日
入社式   記念写真です。入社式2.jpg


5月中旬ともなり
採用者説明会から数えて第4回目の研修はコミュニケーション研修。

DSC_0032.JPG

自分のウィークポイント(弱み)を
同僚に、強みに言い換えてもらう。自分の弱みは強みとも捉える事もできる
活動をとおして
ろう重複の仲間や児童を同じように考え
指導するべき人、とか教え導く人とは捉えない姿勢を学びました。
また、コミュニケーション力とは
ありのままを受容し傾聴し引き出せる力であるので
技術や手法に目がいきがちなところを修正できたでしょうか。
初任者.JPG

現場に持ちかえって、「ああ、こういうことだな」と
結びつく場面があることを願っています。


posted by tukusi at 12:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 普段の暮らし 

2018年04月01日

化粧品事業更新と年度最後の日

今年4月は、5年ごとの更新の年でした。
それなら、4月の切れる日までに
更新資料を届ければいいのか、というと
そんな甘い考えでは困ります!・・・って
製造業(引っ越し含め)、製造販売業併せてかれこれ、4回は行っている
この更新。それでも
私の考えの甘さは変わらず。

1月から準備をするように、と連絡をいただき
2月にはまだかと言われ。
そして2月12日に実地指導を受けて、書類を作り直す作業に
入ったのですが
いい加減な性格が極まれりで法律が
薬事法から医薬品医療機器等法(薬機法)なるものに変わっているのに
その対応もしていなかったために
ぎりぎりまで修正が続きました。

3月29日は、義母の通院日で出勤していませんでしたが
前夜8時ごろに最終のつもりで送ったものにも訂正が入り
『今日、今から出してください。』
『今日は動けないです。4月に入ってからではだめですか。』するととても優しく、優しくこれまで指導してくれていた担当官が
『村上さん、それでもいいのですか。今年度中には更新許可を
出そうと思ってやってきたのですよ。』
『は、はいっ!!』
で、29日夜出勤し、最終を作りあげ県に送付。30日朝、確認をして
紙媒体に印刷して持参することが決まり
印刷環境の良い、おれんじ事務所へ車を走らせているとき
さすがに、頭が破裂しそうになりました。
午後には抜き差しならぬ相談を受けていて
なんとしても、終了させなければという気持ちで。

はいっ。無事終了。

その後、新規相談の計画案を8時までに作り上げ
退室しようと、お隣をのぞくと、つくしっこは
まだ残業中でした。お疲れさん!

毎年、大変ですが
大変の中身は毎年違いますね。






posted by tukusi at 09:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 普段の暮らし 

2018年03月25日

平成30年度からの障害福祉サービス(怒)

これまで、障害者総合支援法は弱点がありつつも
障害児、者の憲法に保障された権利を実現し
その人らしく地域で生きていくためにいい改定もあったと思っていましたが
今回の改定は、ひどい事業所いじめという印象です。

いつも、事業所に対して新たに仕事が増やされるときには
劣悪な運営の事業所が起こした一つの事件があると
再発防止と言って、新たに規制が指示されてきます。

結果いまや、放課後等デイサービスを例に言うと
職員の事務仕事は膨大なものになり
モニタリングの回数、利用者さんの押印の確認、日々の記録
事業所評価の実施、公開
細かく、細かく書類が決められ
大変な事務量になっているのです。
今回、さらに
それら実施しているかどうかで、受け取る給付金が違い
また、通って生きているお子さんの障害を判定し
重度のお子さんの事業所、そうでない事業所とでも給付額が変えられます。

重度であることは日常生活上の身辺のケアなど評価されてしかるべきですが
私たちは、それよりも幼児期の年齢にふさわしい
遊び、友だちとのやりとり、自分で決めたり考えたりする機会の提供
いつもそういうことを考えて、企画など決めています。
それらはいらないことなのでしょうか。
確かに、厚生労働省としてはただテレビを見せているだけの
放デイがある!!
といって、怒り心頭となっているのはわかります。
しかし、もう少し
深く現場を見てほしいものだと思います。

しめつけは下へ行くほど重くなり
現場の職員は疲弊し、病気になり、細かいことしか考えられない頭になり。

私たちは負けない。
太っ腹で、広い大きな心で日々、遊ぶ子どもたちをきちんと受け止める
事業所であり続けていきます。














posted by tukusi at 12:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 普段の暮らし 

ろう教育を考える会 あいち

3月17日
あいちろう教育を考える会、講演講師は
千種ろう学校校長大塚先生でした。

現役の校長先生のお話とあって会場はいっぱいでした。
これまで、
ろう学校は日本語教育が最も大きな教育課題であるので
そこで、
日本語→音声日本語→日本語の話し言葉
と連想され
手話→日本語ではない話し言葉
というような図式の中で双方、誤解の中で歩み寄れない対立と
思ってきた方も多く・・・(現在ももしかして耳鼻咽喉科や医師とはそんな関係にあるのかも)
ですが
大塚校長は
そこのところみごとに止揚(アウフヘーベン)して
共同の高みへ、共同の歩みへの展望を示してくださいました。

愛知の学校は、特別支援とはならずろう学校表記を続けています。
その理由を服部会長が質問し
『聴覚障害の方々はろうという表現に誇りをもって生きている。
そして、コミュニケーションを獲得してく学校のありようから支援ということばは
そぐわない。そういうことを県にも伝ています。』という見解を
述べられました。

あいちはたぐいまれな校長を迎えることができていると思いました。DSC_0086.JPG

posted by tukusi at 11:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 普段の暮らし 

2018年02月12日

ADFフォーラム 2.11

愛知障害フォーラム
(ADFは、JDF(日本障害フォーラム)と連携を図りながら、障害の種別や 団体の枠を超え、日本や愛知県の障害福祉の向上を目指し、全国で初めて結成さ れたものです。 それだけに愛知県下の障害者と関係者の力を結集し、新しい障害福祉を創って いきます。
 私たちの目標は、「障害者権利条約」に謳われる障害者の諸権利の実現と、愛 知県内の障害者施策の推進を図り、どんなに重い障害があっても、地域社会で自 立した生活が創れるよう、そして、差別のない社会のために「愛知県障害者差別 禁止条例」の1日も早い成立を求め、活動していくことです。  ホームページより引用)

ADFでも初めてという盲ろう者についてのフォーラムが開かれました。
メイン講演者、シンポジストは東京盲ろう者友の会事務局員で当事者の庵さんでした。
庵さんは元々は、岐阜県出身の方でろうに加えて盲になるまでは
授産施設の支援員などをされていた方です。
東京から自身の通訳をする方二人を伴っての来場でした。
この地域で活動されていた方なので、多くの参加者が
庵さんとの再会、挨拶をされていました。
村上はこのシンポジウムで、子どもの盲ろうについて
早くにコミュニケーションの環境を整備することで
可能性はすごく広がること、しかし今はまだ全くの手つかずであることを
お話しました・・・
私たち含め、これからのこと手つかずであることが
残念、支援者の養成、支援できるネットワーク 焦眉の課題です。forum201802.jpg

posted by tukusi at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 普段の暮らし 

2018年01月03日

あけましておめでとうございます。

2018年明けましておめでとうございます。

昨年1年間、日本や世界のいろいろなニュースを
『これはどういうことだろう。
よく考えてみたい。』と思って
見聞きするのですが
私がよくわからないでいる間に
刻々と新しいニュースが入り
そして結局は、ますます
頭の中は混乱してくるという流れが
加速した1年でありました。

世の中
発信する人ばかりになって
受け止めることを放棄した人ばかりになって。

しかし、
自然は、受け止めなければいけないものとして存在しているので
本来は、人間は
変化を受け止める力が強い人ほど
たくましく、そして人間らしい存在になると思うのです。

今一度、ニュースを読み解く努力をしようと思う
年頭です。

posted by tukusi at 13:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 普段の暮らし 

2017年10月23日

ドキュメンタリー盲ろうを生きる

ファンドレイジングで資金集めをしていた
ドキュメンタリー『盲ろうを生きる』

村上も寄付をしたので
DVDが届きました。   盲ろうと生きる.jpg

とても、誠実なドキュメンタリーになっています。

つくしの研修で使いたい内容です。
広島のアイラブ作業所が出てきて、沖本所長が語っています。

posted by tukusi at 15:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 普段の暮らし 

2017年09月11日

手話通訳者の心構え

表記のタイトルで行った研修。
採用3年目の方々と、希望者。全体で8名の研修

講師は、愛知県手話通訳士協会会長
本田栄子氏

豊橋で、あいトピアの事務長をされていて
楓は日ごろからお世話になっています。

本田さんからいただいた
お話でいますぐに学べることを書きます。
電話通訳
ひらめきろう職員の電話を通訳するとき
通釈者の自分の名乗り方
『私は、聴覚障害をサポートしているNPO法人つくしの』
      exclamation×2つくしという団体はいくつもある。かける相手、地域にもよるが最初から何をしている団体かをきちんとつげること。
 『大脇と申します。管理者の渡邊は聴覚障害者ですので渡邊の通訳で私、大脇がお電話しています。』
      exclamation×2通訳者本人の名前と、電話の主体者は誰かをはじめにきちんと説明する。
        通訳してお話していることを知っていただくことが大切。
        相手の方は、通訳などでタイムラグが生じることに理解いただけるし、そういうことがわか        らない初めての人には誰と電話してるのかわからなくなるから。
        
ひらめき電話を受けたとき 
 電話を受けてあいてが名乗ったら「はい、◎◎さまですね。」と復唱する。
 「はい、ご用件は◎◎ですね。」と復唱する。
そうすると、事務所の中にいて、たとえば、会館の予約ですね、という復唱するのが聞こえたなら、
予約簿を持って電話口にいける。時短、効率、よくなる。

ひらめき通訳を依頼するとき
 通訳の概要を説明し、日時・時間などの正確さが必要なものは通訳者がメモを取ると思うが、通訳者に復唱してもらって確認を取る。本田さん1.jpg

今回電話通訳している人が多かったので主にそのお話でしたが
私たちの事業所は利用者さんへのアセスメント、契約、モニタリングなどでもありえます。
また、事業所内で行われて、たま〜〜〜〜に 通訳の派遣がなく
職員が会議通訳をすることもありますね。

本田さん2.jpg
そのあたり、順にステップアップしていけたらと思って村上も
拝聴いたしました。

本田先生ありがとうございました。








     



posted by tukusi at 08:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 普段の暮らし