2021年11月16日

錦秋のいこまハウス

ハウス3.jpg

矢作ダムです。

矢作第1ダムの湖底には相当な人口の集落があったようで
生駒ハウス.jpg
その時の
学校だけが残っていまして、そこが
日中活動の場として、使われています。

建物の前の道路です。   秋まっさかりハウス2.jpg

いこまハウスにおでかけしました。

旭高原元気村を利用したことがある人たちには
その近くですよ!
近くといっても、山道くねくね20分。

村上
posted by tukusi at 14:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 普段の暮らし 

2021年10月20日

ある日の葵 点描2

マスク問題

さすがに、相談員やケアマネは透明のマウスシールド、フェイスシールドは
ほとんど
効果がないと言われているところなので
それをして、病院に行くことははばかられますね。
それで白い縁の透明マスクを購入して使っていましたが

このたび、ますく2.jpg

マスク.jpg

これをつけてみました。
これは、どうでしょう。
肌色というところが、今までの白い縁どりのものより
落ち着きますね。
posted by tukusi at 16:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 普段の暮らし 

ある日の葵 点描 1

うれしい訪問があり、静岡の
高そうな新茶をいただきました。お茶2.jpg

ケアマネのO川は静岡のお茶には ・・う る さ い
のでは、ないか・・   入れてもらいました。IMG_0933.jpg

忙中閑あり 至福のひとときでした。お茶.jpg

葵に来たらおいしいお茶がふるまわれます。
スタッフがいれば。
posted by tukusi at 16:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 普段の暮らし 

2021年10月10日

今日の気持ち

10月7日
「三重県特別支援学校人権教育連絡協議会」様でお話をして
その後、ついにダウン。金曜日、土曜日と静養していましたが
日本はいつの間に、こんなにゆっくり眠ることも許されない国になったのか・・
月、火にはケアマネの研修レポートをもっていかなければならないので
日曜日
総務に来ています。

まだ、ふらふらしながらですが
総務に来て、いっぺんに私を元気にしてくれたものが3つあります。
1つは! IMG_0923.jpg
 机の上にこれが ドン
なんと 宗次様からの小包です。
開所式に、気軽にさっと来てくださって挨拶をいただいた宗次様には
寄付をいただく側としては、何のお礼もできないのですが
お手紙で
「宗次様がいつもいわれる『寄付が趣味』ということばは
寄付を依頼したものが、どうしても少しの負い目を感じるし、昨今の自助の風潮の中
本当に必要な人は声をなかなかあげられない、そういう寄付をお願いする側を
思いやってのおことばで、こちらの気持ちが軽くなりました。」
というようなことをしたためて
お礼に代えさせていただきました。

これでは、お礼のお礼で、もうどうしたらいいかわかりませぬ・・・。

2つめは!
三重県の講演は、なぜか???というか
ZOOM参加画面が75人くらいおみえで、その量のせいか、とも思いますが
画面の共有ができなく、そのまましゃべりたおした!という講演であったにも
かかわらず、ある感想に励まされました。
事業を始めたきっかけはいろいろあるけれど
いつも、今も思うことは
母親が、そのキャリアや、自分の人生を犠牲にして
我が子の障害児の送迎や、休日の朝から晩までの保育にひとりでかかわるような
社会のしくみは間違っている。どんな子も
社会が育てるものだから・・という話に
今だそのような現状を抱えるある先生からの感想メールが入っていて
このひとつだけで、ああ、資料が落ちちゃうような講演だったけど
まあ、良かったか・・・という気持ちに。

3つめは!
藤の開所に取材に来ていただいた
一宮総局の記者さんにお礼メールをお送りしておりましたが
10月7日の新聞コラム欄で「手話」というタイトルで
この記者さんが記事を書かれたものを見たこと。
このコラムはうれしかったですね。
コラムでは
「障害は当事者ではなくまわりの環境が作り出す」と
言いきってみえます。
その全段階で、取材中に「今、ここでコミュニケーションが取れないのは
あなただけです。」と通訳を通して言われた時の
衝撃と孤立感について書いて、そして
上記のことばに繋がります。
障害は 相対的なものだ
障害当事者は入れ替わる
そういうことが わかってくださり記事にしてくださったのが
本当にうれしい。

という、村上の休日でした。






posted by tukusi at 11:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 普段の暮らし 

2021年10月06日

最近の研修と更新研修

私は、今年の夏には
相談支援専門員の更新研修を受けていて、実際に参加するのは5日間ですが
前もってのレポート作りに、かかりきりで2日間、他に
基幹相談支援の相談員から指導を受けるZOOMを2回
参加のたびにレポートの作り直し、アセスメントのし直しがあり
相当の時間がかかりました。

そして、今はケアマネの更新研修を受けています。
こちら 全部で6日間なのですが
ケースを3つは持っていく必要があります。
そのケースについてのありとあらゆる情報を持っていくのですが
医師の意見書とかも、改めて自分で入力し直して作り直さないといけません。
個人情報を消して、意見書をそのまま持っていってもいいのではないか。
これでは入力の練習をしているようなもの。
ということで
一宮申請が終わったタイミングで取り掛かり始め
今日で2日目。ひとつのケースに最低2日はかかる・・・

それは、私の個人の研修ですが
福祉業界は今や
初任者研修、実践研修、更新研修と
いつも、どこかで誰かが研修を受けている状況になっています。
法律が変わる、考え方が変わるとはいえ、こんなに
研修で抜けたら、現場に支障がでるではないですか、ね〜

今年あたりは、本格的にすべてZOOM研修となったものもあり
その場所、機材の確保、通訳の入れ方
何もかも結構な手間がかかっています。

研修に殺さる〜〜〜
〜〜〜と思っています。

             他に最近、私を殺してくるのは「パスワード」です。
 なので、パスワード管理と研修に殺さる〜〜〜毎日です。

murakami




posted by tukusi at 10:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 普段の暮らし 

聴覚・ろう重複センター藤 開所式

10月1日 一宮市の指定を受けました
聴覚・ろう重複センター藤

快晴の下
開所式を行いました。10月2日 10時半から
コロナのことがあり、仲間や利用者さんに声掛けはしなくて
関係団体の代表様だけ出席をお願いし、
式を行いました。

当日は、たくさんの寄付をしていただいた
イエロー・エンジェルの理事長
宗次様も、気軽に参加くださり、施設を興味深く
見ていただけました。          image0.jpegお花も、いただきました。

各団体の代表様から挨拶をいただき
最後に、藤準備会の経過をパワーポイントで
会の代表 神辺先生がみなさんに紹介いたしました。
運動初めてから12年の念願の施設です。

濃尾平野の田んぼのなかに、ポツンとできた
小さな施設ですが
私たちにとっては3つの大きな意味があります。
 @これで、三重、愛知の聾学校区すべてに聴覚障害児、ろう重複児のためのデイサービスが
 開所しました!

 A建物は、聴覚障害職員が、情報の遅れや漏れがなく十分な力が発揮できる構造です。
 情報のバリアフリーとは、という提案をしている施設です。

 BCoCo一番の宗次様が主催するイエロー・エンジェル様からたくさんの寄付をいただいて備品を購入することができた施設です。

image3.jpeg





posted by tukusi at 10:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 普段の暮らし 

2021年09月27日

藤 内覧会

9月24日、25日
二日間、藤の内覧会を行いました。
                  天候にも恵まれました。内覧会の朝.jpg

まだ、工事が完全に終了していない場所もありましたが
10月1日の前に、ご近所の方や
これまで長い間応援してくださった方々への
お披露目でした。

25日には、わざわざ三重からexclamation建物の細かい修理や
取り付けに中西さんがかけつけてくれました。

中西さん.jpg


posted by tukusi at 13:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 普段の暮らし 

2021年07月29日

法人SNS(Instagram、Facebook、Twitter)開設のお知らせ

この度、法人SNSを開設しました。

ブログ更新のお知らせはもちろん、
更につくしを知ってもらえるよう内容を充実させていきたいです。
ぜひ、フォローやいいね!をお願いします。

 ツイッター.pngTwitter(ツイッター)
 今していること、感じたことなどを「つぶやき」のような形式で投稿
 URL: https://twitter.com/npo_tukusi

 インスタ.pngInstagram(インスタグラム)
 写真や動画の投稿に特化したSNS。
 URL: https://www.instagram.com/npo_tukusi/ 

フェイスブック.pngFacebook(フェイスブック):
 社会的なつながりを広げていきます。
 URL: https://www.facebook.com/tukusi.org/

また、それぞれの記事にソーシャルボタン↓も追加しました。
気になった記事などシェアしていただければ嬉しいです。

鈴木
posted by tukusi at 14:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 普段の暮らし 

2021年07月23日

本日オリンピック開会式

7月23日
総務のパソコンスペースは、職員と資料でいっぱいで
平日はコピーもままならない環境になってからは
私や、渡邊は総務パソコンで仕事をしたいときには
休日をねらって出かけるというパターンになっています。

この4連休
またとない、チャンス!!
藤の申請が迫っている・・・。
仕事に復帰した娘が土日に仕事がある職種で
孫の世話でここ1年ばかり
土、日出勤できなくなっていたがそうも言っていられない。
私にとってはありがたいお休みになったが
オリンピックの開会式って 夜の8時からなんだね〜。(今朝、知った。)
テレビ観戦なら休みにすることもなかった、ですね!

それにしても、このイベントの広報やら演出やらの
担当者の解任に次ぐ解任には本当にびっくりしています。
官邸の人脈が丸見えフリーダイヤルになってきた感じです。
招致の時から、いやでしたが
今もいやです、この東京オリンピックは。

パラリンピック含め、終わるのは9月5日
これ以上の不幸なことや不条理なことが起きないように
願うばかりです。
村上
posted by tukusi at 08:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 普段の暮らし 

2021年07月08日

手話での指導力 愛教大での実践

本日付の中日新聞に
聴覚障害児の教育充実へ
手話での指導力を高める

 
という見出しが見えて
これは、もしや?と読むと
やはり、今年度愛知教育大学の先生になられた
元千種聾学校校長の大塚とよみ先生の実践の記事でした。
               2021708新聞.jpg

大塚先生は
「あいちのろう教育を語る会」で講演されたとき
卒業生とのおつきあいの中で、
ろう者の生活を知ることを中心に据えて、
ろう教育のするべきことをすすめてみえた方なんだなぁ〜ということを知り、
最も尊敬する校長先生のおひとりでした。
その先生が退官されるとき、やりたいことがあります、と
愛教大の先生になっていかれると聞いたときたいへんうれしく思ったものです。

今回の記事の中で
手話が、大学の教育課程のなかでは、「手話の応用」という
科目になっているだけなのには少々驚きつつも、
自分が、聾学校教員時代にはほとんどまっとうな手話は使えていなかったことを
思うと、それだけでも、変化と進歩を感じました。

本法人の理事の岩田先生と共に
教員養成のところから、ろう教育の変革をしていっていただく
愛知のろう教育は、確実に前進していくという感慨深いものがあります。

大塚先生、応援しています。

posted by tukusi at 12:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 普段の暮らし 

2021年06月25日

コロナワクチン

本来 自分がしたかったらする
コロナワクチン

なので、ワクチン接種を推奨するものではありませんが
村上の名古屋市区役所での集団接種のようすを
報告します。

ネット予約でした。
1回目は一週間前の土曜日でした。
大雨の日でした。
会場は、時間指定のため、混雑することなく
流れていましたが、
案内係、当日の私たちの氏名、体調の確認、体温測定の窓口
予診票の記入状況の確認の窓口
そして、医師の問診
ブースに入って接種
接種のシールを貼ってくれる窓口
その書類の確認をする窓口
二回目の予約をする窓口
15分くらいの待機のコーナーに待機する看護師
コーナーの椅子などを私たちの移動ごとに消毒する人。

それぞれの部署に、2人〜3人の配置
思わず、すべての部署の人を
民生委員などのボランティアか、アルバイトか、専門職か
などと考えながら、そこに投入されている多くの人材に
ひどく、驚いたり、感動したりしました。
まさに国家プロジェクトだな、と思いました。

予約の時に
情報について合理的配慮が必要かどうか、を記入するか
または手話通訳者がいます、タブレットが用意してありますなどの
会場案内がつけてあれば・・と思いました。
ハード面でのバリアフリーは予約の時に告知されていました。
『バリアフリーの会場です。』『バリアフリーには対応していません。』
という具合に。
急ごしらえのためか名古屋市ではいたるところに告知してある
筆談に対応します、という表示もどこにもありませんでした。

話が飛びますが
『筆談に対応しています』はまったくのアリバイ表示だと思っています。
筆談は研修や学習が必要です。研修は行われていないのではないかと思います。
せめて、名古屋市市職員の研修として行われていれば
このような緊急時でも、そういう告知はされているのではないかな〜〜

大規模災害の時などの緊急時は
この場合と同じになるのだろ〜な〜
どうするといいのだろう、そんなことを考えた1回目の接収でした。

市町それぞれで全く独自にすすめられていますので
みなさんのお住いの市町はどうでしょうか?
名古屋市では高齢者のあと、難病者、障害者、そして順次
若い人になっていきます。
(村上)













posted by tukusi at 07:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 普段の暮らし 

2021年06月03日

10年勤続のお礼を申し上げました。

2020年度で満10年勤続された方々は
今年、6人もおみえです。塩崎さん.JPG

感謝の気持ちを伝えたく、4月から順次事業所を
訪問いたしました。   柴田さん.JPG

新卒から入職し10年務めていただいた方
転職から10年務めていただいた方
つくしが発足して19年の歴史の中の半分を
支えてくださって、今日
活動の中枢を支えてくださる方々は
どなたも、自分の人生をかけるに足る意味が
つくしの仕事に見出していただけたから

私は思っています。      水野さん.JPG

お礼の賞状をお渡しした時
『これを家族にみせます。』と、いわれた方がいました。
お正月も祝日もヘルパーを務めていただけたのは
家族の支えがあってこそ。
ありがたいことです。   田中さん.jpg

河合さん.jpg

安蒜さん.JPG

村上



posted by tukusi at 16:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 普段の暮らし 

2021年04月07日

入社式

4月1日
精鋭5名
入社式を行いました。

ここ数年、村上ひとりで執り行っています。s-IMG_1784.jpg


辞令の交付です。s-IMG_1787.jpg
s-IMG_1791.jpg



記念撮影s-IMG_1796.jpg

みなさんと共に、今年も
よりよい社会の実現のための
ソフトパワーとしてつくしは歩んでいきます。

murakami
posted by tukusi at 13:05| Comment(1) | TrackBack(0) | 普段の暮らし 

2021年03月26日

PCR検査

理事長の村上です。
3月で69歳になりました。

今年は、担当する仕事も相談も総務事務も
まわりに引き継いで、年末まで追われることもなかったのですが
それでも
恒例の年度末の声がでなくなるかぜをひきました。
なかなか治らないでいましたら
3月24日夜に熱が出てきました。
 発熱
 せき
 倦怠感
いつものかぜと思っても
この後も人と会うことが続き、これはまずい、と思いまして
3月25日の朝  発熱外来のある
『〇〇〇クリニック 石川橋』に予約電話を入れると
当日の2時に予約ができました。
車で行って駐車場に入ると、案内の人がいてここで医師が
来るまでお待ちください、とのこと。車に乗ったまま待っていると
ほどなく、看護師さんが来て、保険証を撮影し熱をはかりました。
37度1分。
5分後くらいに、医師と看護師が来て聞き取りのあと
熱とせきがありますから
PCR検査、抗原検査、をしましょう、となりました。
車に座ったまま、マスクも鼻が出るようにずらしただけで
「少し、気持ち悪いですけどがまんしてくださいね。」の声掛けの後、
長い綿棒を鼻の奥まで入れられました。けっこう奥までいくんだな〜〜
〜〜という感想です。入れている途中でも
「がまんしていてくださいね」の声掛けがありました。
他の、3,4台の車の
検体も合わせて採取して帰っていかれ、10分後くらいに
携帯に検査結果の報告を受けました。
「陰性です。さらに細かい検査の結果は明日、午前中にお知らせしますが
大丈夫です。」ということでした。その後
そのまま待っていると、「お会計になりますが、カードですか?
?PayPayですか?現金ですか?」と問い合わせの電話があり
現金と告げると金種を聞かれて、
車のところへ、薬、検査結果、領収書、おつりを持ってスタッフさんがみえて
これで終了でした。
診療報酬を見ると全部で32,000円くらいで、1/3なら支払いが10,000円以上になるはずが
2,500円でした。
なぜかはわからないです。高齢だからか・・・。
ともあれ、今日も藤の関係で人さまとお会いするのですが、すっきりした気持ちで
お会いできます。
という体験の報告でした。

村上
posted by tukusi at 08:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 普段の暮らし 

2021年03月03日

中日新聞 『発言』欄

3月3日
中日新聞の発言欄に
千種聾学校の児童で、つくしっこの利用者のTくんの
作文が載りました!

転載してはいけないので
しませんが
とても、ユニークな着眼点で
ほのぼのするお話でした。

そして、村上としてはしみじみ
思ったことがあります。

かつて、村上が聾学校時代、当時の中学生で
『私が、投稿すると絶対に載る』と自分で言うくらいの
新聞投稿欄に常連の生徒さんがいました。
それは、その文の中に
「聴こえない私は・・・」とか
「手話の・・・」とか、
聴覚障害のことやその関連のことを書くので
当時は、そういう情報そのものが少なく新聞もすぐに
絶対、取り上げてくれていたのだと思います。

今回、T君の作文のどこにも一切そのことは触れていなく
紹介もありません。
ああ、時代は変わったなぁ〜〜〜と
それが 無性に うふふ・・・ぴかぴか(新しい)でした。
posted by tukusi at 09:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 普段の暮らし 

2021年02月18日

署名って?

今、手元に
毎年、あいされん(きょうされん 愛知支部 元共同作業所連絡会)が行っている、
障害者の権利や福祉サービスの拡充などを求める署名を持っておりまして
お正月に、来てくれる人をつかまえてお願いしようとしていたのが
忘れたりして
書面が埋まらず、はて・・・と考えている日々です。

思えば、長い長い署名との付き合いの月日でした。
子どもを保育園に長時間預けていたので、保育園の制度に対する要求署名
学童保育に預けていたので、学童を認可するための署名
それら、初期のころは、本当にまじめだったので、
地域のマンション、一件一件夜たずねたりしたものです。子どもを連れて・・。

さて、署名は、国会の会期に合わせて、紹介議員に託すのですが
議員さんに紹介議員になっていただけないかと
訪問することもやりました。
きょうされんの署名では、自民選出の東郷議員さんとか。
昨年は薬師寺道代さんに連絡しました。
薬師寺さんは快諾してくださり、今年はどうかなと思っていたら
医師に専念するので出馬を取りやめられましたが。
国会の会期に合わせて運び込む前に
その署名を数えて束ねる作業も必要でそういうこともやりました。
地味な実務です。

50年もの流れを見ていると、署名することは無駄ではなく
私学署名などは本当に大きな私学への助成を引き出す力になりましたし
藤前干潟にごみ処分場を作らない運動は、実りました。

今や、ネットでの署名でいつでも気軽に運動を始めて
気軽に集約できますね。参加のハードルは下がっています。

地味であるけれども大切な民主主義の直接参加の方法です。

そんな、昨今の中 大村知事リコール運動の署名の顛末は
びっくりを通り越して情けなくなりました。

昨今ではコンプライアンス、法令遵守ということが
法人の運営そのものの根幹をなしており、
私どももコンプライアンスについて学習したりすることを計画しているところですが
それ、以前の問題です。
アルバイトを雇って、名簿を書き写させる。
アルバイト募集して書き写させた人は
違法とは思わなかった、と。
ちょっと
本当のことを言っているとは思えないですが
もし、本当だったら
人としてのレベルを疑います。

事件が発覚してからの
言い訳がすごい。
『誰かが、この運動を貶(おとし)めるために諮(はか)って行われたことだ』
ここまで人のせいにできるんだ。
しかし、最終的に署名を束ねて提出したのは事務局です。
こんな方々が、行政のトップであったり議員候補であったり・・

地道に目の前の実務をこなし、事実の積み上げで生きている私たちとは、
違う世界があるということですね。
貧富の格差だけではなく
「民度」の格差?も広がっている?






posted by tukusi at 16:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 普段の暮らし 

2021年01月15日

ZOOMの管理者会議

1月13日
今年度第2回管理者会議
参加者12人になりますが、画面の共有などを行い
ZOOMで行いました。

管理者会議 (2).jpg

いろいろ反省点が出てきました!
今回は通訳者のいらない会議でしたが・・
通訳者を入れるとどうなる、読み取りと手話の両方の通訳は
ひとりでできるのか、とか
進行は、音声が聴こえていない場合どうするかとか。
それらこれから積み上げていきます。

また、今日村上は、県の相談支援専門員の更新研修を
リモートで受けたのですが
なんと!県は昨年12月13日にこれを収録した時には
更新研修を受ける
視聴者に、ろう者がいることは忘れていたみたいで
直前になって、どうしましょう、と法人に連絡が入って
私どももいろいろ考えたりしているところですが
そのような、経過のさなかに
相談支援研修の中で
合理的配慮の、国・地方公共団体の義務の話を聞いたり
対象を限定しない相談支援を行っていくという講義を聞いたりするのは
・・・絵にかいた餅ですなぁ、としごく残念な気持ちで
今、おります。




posted by tukusi at 15:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 普段の暮らし 

2021年01月01日

2021年  あけましておめでとうございます。

2008年2月からこのブログはスタートし
それから13年目の春です。

この13年の間に、ブログは化石のようなものになり
今や情報は
SNSあせあせ(飛び散る汗)
動画
の時代。
どちらさまの事業所のホームページをのぞいても
FACEBOOK に入らないと中が見えないことになっており・・

完全にこの13年間で追い越されてしまいました。
13年前には気楽に文章にしていた日々のできごとも
これは、つぶやきではないか、ブログにするほどのことか、など
迷いが生じてしまうありさま。
しかし、ブログのほのぼのとしたゆったり感は捨てがたく
ことしも、せいぜい更新していこうと思っています。

このたび、一宮市にて取得予定の土地の姿をお知らせして
今年のブログの決意表明あいさつにいたします。
この大根畑が、どんな
藤に変わっていくのか、お待ちください。

一宮.jpg




posted by tukusi at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 普段の暮らし 

2020年12月24日

職員研修12月

12月5日土曜日
全職員研修でしたが、三重県から職員はその日は
お休みしていただきました。
結果、いつもの2/3くらいの人数で行われました。

今回のテーマは強度行動障害について。法人研修1.jpg
名古屋市が行っている強度行動障害者支援事業の
専門支援員
杉本都 さんが講師でした。
「強度行動障害の基本的理解と支援について」
その人それぞれではあるけれども
社会性の特性
コミュニケーションの特性
想像力の特性
感覚の特性
認知・記憶の特性
注意・集中の特性
運動・姿勢の特性
として、ある程度の類型化の中でその人をより深くとらえ
構造化して支援する
という流れでお話しされました。
「杉本さんはけがをするような経験はなかったのですか?」という質問に
「ありますよ、腕をかまれて。若かったから気持が先行して。
でも、けがをするような支援はだめです。」と。
・・そういうことが起きた時は、どうしてこなったかな〜〜と
相手の気持ちのより深いところを考えられる想像力が大切ですね。

そして、お昼は
ランチr.jpg
ランチでした。

午後はレポート2本をみんなで話し合いました。
レポーターは碧 朴 とつくしっこ武田でした。
朴さん.jpg
法人研修4.jpg法人研修3.jpg


そして最後に集合写真集合2.jpg

大脇さんの撮った写真を見ていて
誰?この白い人!

村上.jpg

と、思ったら
なあんだ。私でした。




posted by tukusi at 15:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 普段の暮らし 

2020年11月11日

重複障害のお子さんほど手話を・・・

重複障害のお子さんほど手話を身につけなければ

の わけ

重複障害のお子さんほど手話を身につけなければと
強くおもうようになったのにはわけがあります。

桃を開所してすぐの年ですので
前述の、今度高校を卒業するみなさんの家族が
つくしっこへ相談にみえたの年の
1年か2年前です。

恵那市在住の方から相談が入りました。
とある、市の窓口でつくしのパンフレットを見た
今、30代の息子の暴力で悩んでいる。
聴こえない、知的障害の息子です、とのこと。
この方は
聴こえないとわかったとき、一度は岐阜市まで相談に行ったけれども、
通えないし、また主障害が知的だったので
養護学校に通い、卒業後は地域の施設に入っている。
施設でも暴力があるが、家につれて帰ると父親にもっとひどい
暴力をふるい、荒れて困っています、という。

無謀にもその時私は
うちには、彼を受け止められる施設はないけれども
大阪はどうでしょう。と
なんと、恵那から春日井の桃に来てもらい
桃の運転手さんと、日帰りで大阪仲間の里をめざしたのです。

彼は、ろう重複でした。
おしっこをしたくなると、外にいたらその場でおしっこを始めます。
お母さんはあわてて、道の端にひっぱっていました。
行く途中、一緒に食事をしました。
人のものと自分のものの区別がなく
普通に、運転手さんのお皿に手を伸ばしていました。

確かに中学部にいたときに、人の食べ物、自分の食べ物の区別が
ついていない生徒さんに出会ったことがあります。
異食もあり、食べ物の区別もついていないのでした。
そのころ、中学部でおこなっていた、体を使ったアプローチ
動作法などですが、そういう働きかけを通して、彼は人のものと
自分のものの区別がつくように変わっていきました。
区別がつかないということは、自分の体の境界が認識できていないという
ことで、自分の意思で手が動き、食べているのではなく本能で
食べている状態なので、人の食べ物も自分のものなのです。
この時は彼の腕や、体幹に他者が働きかけることによって
自分の体と人の体の区別、自動と他動の違いなどが脳に認識されていったのでは
ないかと思います。
その生徒さんは、やがて人のものはとらなくなり、ゆっくり目的的な歩行をするようになり、
指差しがはじまり
めきめき成長していきました。

なので、その日出会った彼が
30代にして、言語的には指差しが出る前の発達段階であり、
たぶん、まわりに手話や身振りがいっさいなかったから
人のものが欲しい時に、「ちょうだい」と言っていることも
「いいよ」といっていることも聞こえていないので
何ひとつ、人間らしいルールを身に着けるすべがなく
そりゃ、だまってとるよな・・と思いました。

ろう重複の人にこそ手話が必要と思った体験でした。

この時相談を受けた方は、あまりに過酷な大阪行きを経験し
お母さまは預けられる施設が近くにあるだけでもありがたいことだから
もう一度施設とがんばってみますということで
この件は終わっています。

この体験の後に
東海聾学校校長会主催の講演会で
つくしの話をすることになり
ろう重複の人にこそ、ろう教育を!ということを
お話しいたしました。
















posted by tukusi at 14:15| Comment(1) | TrackBack(0) | 普段の暮らし