2016年01月13日

ブライトアイズ

聴覚障害者のロックバンドとしてパイオニア的な
ブライトアイズのドラマー
成田佳総さん(大府特別支援学校教諭)が
本を出したことは知っていましたが
ようやく昨年末のイベントの物販会場で購入しました。成田さんの本.jpg


読みやすい内容ですが
その中のことば一つ一つが私には含蓄の深いものでした。

たとえば、
「たけしのアンビリーバボー」に出演したとき。

成田さん、局の編集がどうしても聴こえないのに、こんなことができる  的な
障害のとりあげかたに納得できず
「おまえら、本当にそれでいいのか?」とメンバーに問う。
木村さんをはじめ、ろうのメンバーは
「構わない。おれたちのことを知ってもらうのが先だ。」と答える。

その場面など。

全編貫いているのは
好きな音楽を思いっきり楽しくやろう!楽しもう!
という
思想です。


         話がそれますが、茜いのちゃんによると
         支援計画がなかなか立てられなくて悩んで
         研修に参加した。
         講師は 愛知淑徳大学の谷口先生で
         いのちゃんの悩みに
         「子どもが楽しいと思うことをプランにしたら
          ええんちゃう?」とアドバイスをいただき
         それから本当に気が楽になった。
         ・・・ああ、そうなんだ、と。

障害があれば、あげたらきりがないくらい
いやなこと面倒なことは実際にはある。だからと言って
そんなところに焦点を当てては人は生きていかないのだ。
努力するとか、苦労するとか、不便であるとか そんなことは置いといて
本当にやりたいことを楽しむためにしている
当たり前の日常

自分たちの活動を捉える思想性。
オリジナル曲も多数ありCD何枚も出しているのに
20年来(今はそれ以上の年月)基本
ノーギャラで出演しているという潔さ。

この本を読んだ後
つくしもいろいろなプランの究極は
楽しく!楽しく生きよう!
ということに尽きるかと
思っています。


そんなこと
わざわざ言うまでもなく
うちのスタッフは毎日 楽しいことに命を懸けてる  なぁ〜と
ブログを見てると思いますけどね。

















posted by tukusi at 08:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 普段の暮らし 

2016年01月04日

『鳥の目』宣言。

みなさま
2016年 あけましておめでとうございます。

正月3が日は、名古屋・愛知あたりはどうなってしまったのか

思うほどの好天でしたね。
冬の青空を見ると、凧揚げをしたくなるのは私だけ?

昨年は、新規事業の準備はしていましたが
新たに指定を受ける事業はなく
いろいろな基盤を固めることに頭を使った年・・だったとは言えないなぁ

どうしても目の前の、計画相談の仕事、TeDe商品販売の仕事で頭が
ついついいっぱいになりがちな一年でした。

つまり
『虫の目』の一年でした。
虫の目でも極めれば、ろうや難聴についてのいろいろな
困りごと
制度の未整備
発見ばかりです。

でも
社会福祉法人化、拠点整備基金運動3か年プラン施行の年としては
それだけではいけない。
今年は
『鳥の目』になります。

今年もよろしくお願いします。








posted by tukusi at 09:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 進行中のこと

2015年12月24日

村上知枝美さんクリスマス ファミリーコンサート

12月23日

クリスマス、ファミリーコンサート


題して、瑞穂文化小劇場で開かれた、コンサート。

村上さんは ふたりのろうの子ども(・・もう成人して見える人も・・なので子どもではないですが)を
育てられ、育てている間
自分は声楽専攻、自分の役割はなんだろう・・と悩まれたそうですが
自分にできることをやる姿を見せることが、二人のろうの子にとっても
親が見せられる一番いい姿のではないか・・
そこから
お母さんたち、自分の人生もちゃんと生きよう

というメッセージを届けたいと、コンサート活動をされています。

当日
お招きを受けて、TeDe商品のバザーをしました。なんと
27,000円売上ました。
新しい出会いの人もいましたし、
エンターテイメントサーカスでもらったつくしの「よもぎきなこ」石けんがよかったから
今日は、買うわ、という方も。

そして、『ドネーション(寄付)もぜひやってください』という
村上さんのことばで、商品の横ににわかカンパBOXを。1450920439449.jpg

2,971円 集まりました。この場を借りてお礼申し上げます。

最後に
美しい村上さんを1450920428716.jpg







posted by tukusi at 11:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 普段の暮らし 

2015年12月08日

第6回職員研修

12月6日
法人全職員対象の研修会でした。

午前中は、名東区基幹相談支援センター所長の小島さんの講演。

小島さんは、自身のかかわりから制度の変遷
そして、総合支援法で成し遂げられようとしている福祉や支援の
根幹をなす理念と、それにかかわるものの考え方、自己の保ち方まで
360度の方位の話を、テンポよく話されました。

     すごいな

講演中小島さん.jpg


立つ小島さん.jpg



とてもわかりやすかった。
振り返りが大切と思った。
言語化が必要とわかった。
ストレングスにはっとした。

職員の感想です。


午後は、イタリア映画「人生、ここにあり!」鑑賞。

この映画は実話ですが、その中で福祉とは関係ないところから来た
ネッロがストレングス評価の連発なのがすごい!
笑いあり、涙ありです。

その後、各事業所から発表していただきました。ついでなので、すべての皆さんの
映像を載せます!


原.jpg


                         大脇さん.jpg



小谷.jpg            小川.jpg




                       柴田.jpg

伊藤さん.jpg

                           かける.jpg

あんびる.jpg

                         小坂井さん.jpg


岩瀬.jpg




以上です。












posted by tukusi at 11:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 普段の暮らし 

第19回全国聴覚言語障害者福祉研究交流集会

報告が遅れましたが

今年は兵庫で開かれました。
参加者は全体で約400人。

今年初めて、児童の分科会が創設されました。

   その分科会でレポート発表をするいのちゃんです。発表.jpg

いつも思うのですが、他はどこも発表ともなると
2人で参加し、レポート自体もグループで作って持ってきて
発表担当、パワポ作成担当・・とかしている雰囲気なのですが
うちは、
たった一人でレポート作成から全部やってしかも、組織としてはノーチェックという・・。分科会.jpg

少人数参加ながら、児童の報告はみんな、児童の小さな変化や、発見の喜びに
あふれていて、指導員さんの情熱が伝わってくるいいレポートばかりでした。



司会担当の有馬さんです。京都の伊藤さんとともに。司会.jpg


また、夕方の交流会も児童で集まってもらったのですが
こちらは、参加者があふれかえり交流.jpg大変なことに。


全体集会での講演で
初めて、鳥取の石橋大悟氏のお話を聞きました。初めて
手話言語条例を通した県として、石橋さんは全国を飛び回る忙しさだと思うのですが
その後の鳥取での変化など興味深いお話でした。
  石橋さん!パワフルでいけいけの手話でしたっ。


窓口には通訳を行うタブレットが設置されているという。
この前、◎◎区役所の障害の受付のところに、大量の筆談用の手帳がおいてあるのを見て
ああ、これがタブレットに代わる日はいつ・・と思いました。









posted by tukusi at 11:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 普段の暮らし 

2015年11月19日

アテンドリ エ ペジーブル さん

久〜〜〜しぶりに
アテンドリ エ ペジーブル

岡田さんと話しました。
2015年8月に フェアトレードショップに認定されました(ブログより)

今から7年前に、愛地球博で、まだ何の輸出のためのプログラムもできていなかった
ギニアとギニアのシアバター(カリテ)と出会った岡田さん。

以後、小ロットの製品化についてはTeDeと同じ悩みの中で
商品の広報、販売に努められてきました。

「このギニア産のシアバターを使ってください。」
以来、供給可能な時には(エボラ出血熱、政情不安などで不安定な供給なときあります。)
この、シアバターを原材料に使わせてもらっています。
またOEMも賜っています。

いい出会いでした。
岡田さんたちの、フェアトレードとともに歩んでいけるのは
うれしいことです。

皆さん!
ぜひ、ときどきペジーブルさんのブログもチェックしてくださいね。




posted by tukusi at 22:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 普段の暮らし 

柿のアルコール漬け


少し前の話になります。

いつも、福島から仲間で食べてくださいと
ら・フランスを送ってくださる方がいて

あの、原発事故のときには「検査証明書」までつけていただいて
本当に、頭の下がる方がおみえです。

しか〜〜し!


村上は、ず〜ず〜しいにも程がある!
「すみません。いつも送っていただいているラ・フランスですが
実は、地元の福祉祭りがあって、そこで売りたいんです。その日までに
送ってもらえませんか?」 ということを言ってしまったのです。

すると、とてもとても優しい、福島の方は
「そうなんですか。いいですよ。冷蔵から出して食べごろにして送るよ。
柿もあるけど、使わんかね。あんぽ柿にするやつで、アルコールで甘くするといいよ。」

「ありがとうございますっ」

聞くと、アルコールは47°のものを使う。それが早くなり、甘さも違うとのこと。
柿は次の日速攻で届き、村上は47°のアルコールを捜し歩いた。
  しかし、37°の果実酒漬けこみのしかない・・・・
ネットならあるようだ。けれども土・日をはさんでしまう・・・1447893119305.jpg



1447893128015.jpg


1447892872544.jpg


いちかばちか!

すごい量だったのです。段ボール5箱になりました。大きな大きな柿でした。



そして、11月8日の守山福祉祭りには、1日間に合わなかった。
渋みがすっきりとれてあま〜〜〜くなった大量の柿。
おいしいので、施設みんなであちこちおすそわけしながらいただきました。
この重い大きな柿を、とって箱に詰めて送ってくださる気持ちを
思うと、ひとつ一つアルコールで拭いて、へたのところをアルコールに漬けて
梱包するのは楽しい作業でした。


あの、ラ・フランスは市場調査をして価格を決め、無事売りました。


















posted by tukusi at 09:57| Comment(1) | TrackBack(0) | 普段の暮らし 

2015年11月16日

ジブリプロデューサー鈴木敏夫氏

メッセナゴヤという異業種交流展示会

以前出展もしましたが、今回は今年のビジネスセミナーの中に

スタジオジブリの鈴木敏夫氏の講演があった。

誰のように生きたいか、と問われれば
迷うことなく、鈴木敏夫氏のように生きたい、と答える。
私は熱烈な鈴木敏夫ファンなのです。

宮崎駿でも高畑勲でもなく・・・

これまでは、新聞のインタビューとか、テレビのドキュメンタリーでしか
見たことがない。
生の鈴木敏夫氏!!

ということで、出かけてきました。

草履ばきで、作務衣を着てひょうひょうと現れ
世界に冠たるプロデュースを実現していながらこの軽さは何?という人

そして、名古屋出身、今の徳川園の近くが実家という人です。


会場は、長野や遠くから来たという(質問の時にそう言っていました。)人
ビジネスマンの人でいっぱいでした。

さて、鈴木さんは気を使って
「これって、ビジネスセミナーなんですよね。じゃあ、参考になるかどうか
わからないけど」と、言って話されたことが以下のようなこと。

僕、人生ね、いつも何か目標って持ったことないんですよ。
だからね、慶応卒業してね、たまたま徳間書店に受かって
雑誌の編集任されていたの。徳間時代にね
会議が数えたら月に27もあったんですよ。僕、考えてね
会議に出ている時間がもったいない、それでね、会議に出ないことにしたの。
そしたら、ある時、上司が来てね
「鈴木君、今日役員会で君のことが問題になったよ。
一回も会議に出んやつがおる・・そんなことを許していいのかと。
それで、僕はこう答えたんだ、大丈夫です、鈴木は仕事してますからって。
そしたら、役員が激怒して、貴様会社の会議をなんだと思っている!と。」
上司には申し訳ないと思い、はぁすみません。。これから少しはでましょうか、というと
「いいや、かまわん。会議は僕が出ておくよ。君は出なくてよろしい。」と
言われた。僕はこの人今でも本当に尊敬している。

ジブリを作った時、考えて会議はやらないと決めた。
企画会議  必要そうだけど、企画会議というと会議のために考えることになる。
職員の方まで、歩いていって、どう考えている?と拾ってあるけば十分なんだ。
会社が大きくなると、歩いてまわらなくなった、えらい人たちが
報告が欲しくて会議をするようになる。
まぁ、ジブリも
まったく、ないのもまずいという声も出て、今は2つだけやってるね。

        つくしもそうとう会議の少ない方だと思っていますが
        私も、自分への報告を欲しがるような上司にはならんでおこう・・
        と思いましたね。

他に、大きなプロジェクトばかりで、重荷にならないのかとか
若いクリエーターに送りたい言葉とか。の質問に。

その答えは
「僕ね〜、責任感なんだよね。他人事(ひとごと)なんだよ基本的に。」
「若い人には一言、仲間を作ること。それに尽きるね。」

村上は、ずっこけてしまった。プロジェクトは取締役社長でありながら他人事、という。
事象のみごとな客体化ですね。
個人としては、キャッチコピーや他事業とのコラボや次々と不動の一手を打って出ているのに
その行為は、『なりゆき』で、やっているに過ぎないという。
夢を語るなんて一番嫌いだ、前を向いて生きて行こうとも思わない。
ただ、目の前のことをこつこつやるしかないんですよ。
師匠と仰ぐ所以です。









posted by tukusi at 18:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 普段の暮らし 

2015年11月02日

エンターテイメント サーカス

イベント11月1日 
エンターテイメントサーカス の ボトムラインでの
ライブは
熱かった!手(グー)


10周年
石川さんがブライトアイズ きむやん との出会いを通じて
ロック魂で、聴こえない壁をとっぱらう 
「聴こえない」ことに対してのバリアフリーを成し遂げた
ライブ
それが、10回も続くなんて・・・もうやだ〜(悲しい顔)感動。

          さて、今回はその10周年に
ワークショップ碧からも、仲間の手作り品を届けました。

            ミニ石けん.jpgミニ石けん 300個



入浴剤.jpg楽屋に入浴剤


すると、なんと
今朝 碧の隣の「ここお」さんに来てみえる訪問マッサージの方が
昨日ライブで配った、うちのミニ石けんを手にかけよってみえて
「昨日、ライブに行ったんです!感動しました。こちらで作っているんですよね。」と。
うれしいハプニング!

合理的配慮とは・・とか
いろいろ言われる時代に、こんなことまで可能
やれない理由はない
というような
お手本のようなイベント。です。

そして、貴重な皆様からの寄付をいただきました。
あらためて、ライブの出演者の皆様
ライブに足を運ばれた皆様
同じ時間を共有できたことありがとう!










posted by tukusi at 11:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 普段の暮らし 

2015年10月26日

一宮市での講演

10月25日日曜日

愛知県下では、いまだ一宮聾学校の校区に
ろう児のデイサービスがなく
卒業生の通うところもない
という現状で、目指したいことのイメージを共有しようと
講演をしました。一宮.jpg


少しの人でいいので、一回気持ちを合わせましょう・・・
というような感じで企画したのですが
びっくり

40人もの人が集まってくださって、
緊張するやら、責任感じるやら  あせあせ(飛び散る汗)

いい出会いができました。
皆さん、一緒にがんばりましょうね!


posted by tukusi at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 進行中のこと